印刷

お知らせ・情報

平成30年度筑波地区防災訓練を実施

2018/11/14

11月14日、学生・教職員約3,500名を対象に筑波地区防災訓練を実施しました。訓練は、つくば市内で震度6弱の大規模地震が発生したとの想定で実施し、各部局の防災自衛隊及び災害対策本部を中心に、避難誘導、負傷者搬送、通報連絡訓練などを行いました。

同時に、全学災害対策本部を設置し、屋内・外放送設備による放送訓練、各部局からの情報収集及び遠隔地のセンターを含む全学の情報把握訓練などを行いました。本部棟の訓練では、水消火器による消火訓練、エアーテント設置訓練を行い、稲垣敏之副学長(総務・人事担当)とつくば市消防本部桜分署から講評をいただきました。

本学は今回の訓練で得られた結果を踏まえて、今後も防災対策の充実に努めてまいります。

(屋外避難場所への避難誘導訓練)

(エアーテントの設置訓練)

(水消火器訓練)

(本部棟防災訓練 稲垣副学長の講評)

このページのトップへ