筑波大学|お知らせ・情報|注目の研究|グローバル30枠外国人留学生の入学後成績評価

印刷

お知らせ・情報

グローバル30枠外国人留学生の入学後成績評価

2018/03/27

筑波大学 アドミッションセンターの研究グループは、筑波大学が2010年度から実施してきたグローバル30(G30)入試(私費外国人留学生特別コース入試(学群英語コース入試))で入学した学生について、学内成績を指標とした追跡調査を行いました。

その結果、一般入試(前期個別学力検査)、推薦入試で入学した学生よりもG30の学生のほうが好成績であることがわかりました。また、従来の私費外国人留学生入試に比べて、G30特別入試は、留学生数を飛躍的に増加させることに成功していると考えられるとの結果を得ました。

図 G30入学者、前期個別学力検査(一般入試)入学者、推薦入試入学者の、入学年度ごとの成績評価。A+とA 評価の取得割合(%)を示している。

PDF資料

このページのトップへ