印刷

キャンパスライフ

大学カレンダーと学内行事
パソコン等の準備について

筑波大学に入学される皆様

大学では、授業のレポート作成や研究活動に、パソコンを利用することが増えます。入学を機に、パソコンの購入を検討されている方も多いと思います。

本学では、新型コロナウイルス感染拡大により、2020年度の春学期は全科目をオンライン化して実施いたしました。2020年9月時点では、対面による授業も再開してはおりますが、いわゆる三密を避けるため教室定員を大幅に縮小せざるを得ないことや、オンラインの利点を活かすことを考慮し、2021年度以降も対面とオンラインを併用して教育を行う方向で検討しています。

本学には、皆さんが使うことのできるパソコンが設置されている部屋や、学内の無線LAN等の設備も用意されていますが、感染拡大の状況によっては、入構や設備利用が制限され、大学の設備が使用できないことも考えられます。

つきましては、入学にあたり、個人所持のパソコン(ノート型、タブレット型)と、通信環境を整えることを推奨いたします。

なお、本学学生は、個人のPC等で以下のソフトウェアの無償利用が可能です。

  • トレンドマイクロ社のアンチウイルスソフトウェア
  • Microsoft Office(Microsoft 教育機関向け総合契約(EES))
  • SPSSサイトライセンス、Mathematica、ArcGIS  など

パソコンの購入にあたり、オンライン授業を受けるためのスペックは以下のサイトを参考にしてください。
筑波大学 学術情報メディアセンター サイト

  • 「オンライン授業受講案内」
  • オンライン授業受講までの道 準備編
  • 端末と通信回線の準備

【重要】 経済的事情等により準備が困難な場合は、大学で貸与できる場合がありますので、まず所属組織に相談してください。

ただし、教育分野ごとに推奨するスペックが異なることがあります。上記のスペックに加え、各教育組織で推奨するスペックを下記に示しますので、参考にしてください。

このページのトップへ