印刷

キャンパスライフ

奨学金・修学支援
筑波大学学生奨学金「つくばスカラシップ」

写真

 本学は,これまでの国際連携事業の実績を基礎に,世界の人々と協働できる人材育成を目指して,21世紀における教育・研究の世界的拠点構築を目指してきました。その具体策として,優秀な留学生の受入れ推進や学生の海外派遣の強化などを通じて大学の国際化を目指すための各種事業をスタートさせました。
 一方,近年の世界的経済不況による家計の急変等により,修学が困難となる学生が急増し,本学においてもその数は顕著であります。
 平成21年度に筑波大学独自の奨学金制度「つくばスカラシップ」を創設し,留学生に対する経済支援,学生への海外留学支援,及び緊急時の学資支援を行うことにより,安心して勉学に専念できる環境を確保することとしました。
 平成22年度から英語コースの留学生(入学年度の翌年度)に対する支援を実施し,平成24年度からは国際的医学研究人養成コース支援,平成28年度からはJapan-Expert(学士)プログラムに在学する留学生に対する支援を始めるなど,筑波大学基金(TSUKUBA FUTURESHIP)の支援を受けて,更なる充実を図ります。

1.留学生支援

留学生支援
1)趣旨 大学の国際化のためのネットワーク形成推進事業等の国際化への様々な取組みにより,今後私費による外国人留学生数が急増することが予想されることから,私費外国人留学生の入学後における経済的支援の充実を図ります。
2)対象 本学に在籍する外国人留学生(休学中の者は除く。)で,学業,人物ともに優れ,他の奨学金等の支給を受けていない者
3)支給額 学群生 月額6万円,大学院生 月額8万円
4)支給期間 採用年の年度末まで(最大1年間)
5)申請方法 私費外国人留学生を対象とした大学推薦方式による各種奨学金奨学生の募集時(毎年度6月下旬~7月上旬)に,所定の申請書により申請してください。(個人応募ではありません。)
6)問合せ 学生部学生交流課(留学生支援)(1A棟1階)
TEL.029-853-6086
英語コースに入学する留学生に対する支援(入学年度)
1)趣旨 大学の国際化のためのネットワーク形成推進事業により,学士課程の英語コースに入学する外国人留学生に対して,積極的な支援を行います。
2)対象 学群の英語コースに新たに入学する外国人留学生で,入学者選抜時の成績,人物ともに優れ,他の奨学金の支給を受けていない者(現に在籍する外国人留学生は対象となりません。)
3)支給額 月額6万円
※上記のほか,入学者全員の入学料及び入学年度の授業料は徴収しません。
4)支給期間 入学の月から入学年の年度末まで(最大7か月間)
5)申請方法 入学を希望する英語コースの出願者に対し,本学から奨学金申請書等を送付しますので,希望者は所定の奨学金申請書により申請してください。
6)問合せ 学生部学生交流課(留学生支援)(1A棟1階)
TEL.029-853-6086
英語コースに在学する留学生に対する支援(入学年度の翌年度以降)
1)趣旨 大学の国際化のためのネットワーク形成推進事業により,学士課程の英語コースに在学する外国人留学生(入学年度の翌年度に在学する者)に対して積極的な支援を行います。
2)対象 学群の英語コースに在学(入学年度の翌年度以降)する外国人留学生で,在学中の学業成績が特に優れ,経済的支援を必要とし,他の奨学金の支給を受けていない者で所属学群長が推薦する者。
3)支給額 月額6万円
※上記のほか,2年目以降に在学する者で,在学中の学業成績が特に優れ,経済的支援を必要としている者の授業料を免除します(別途申請が必要となります)。
4)支給期間 採用年の年度末まで(最大1年間)。但し,卒業年度は7月までの4か月間支給。
5)申請方法 定める出願期間内に,所定の奨学金申請書により申請してください。
6)問合せ 学生部学生交流課(留学生支援)(1A棟1階)
TEL.029-853-6086
Japan-Expert(学士)プログラムの留学生に対する支援
1)趣旨 スーパーグローバル大学事業に基づき設置されたJapan-Expert(学士)プログラムに入学又は在学する外国人留学生に対して積極的な支援を行います。
2)対象 Japan-Expert(学士)プログラムの外国人留学生で,学業成績,人物ともに優れ,経済的支援を必要とし,他の奨学金の支給を受けていない者で所属学群長が推薦する者
3)支給額 月額5万円
※上記のほか,学業成績が特に優れ,経済的に困窮している者の授業料を免除します(別途申請が必要となります)。
4)支給期間 採用年の年度末まで(最大1年間)。但し,支給の最終は3年次となった年度の3月まで。
5)申請方法 定める出願期間内に,所定の奨学金申請書により申請してください。
6)問合せ 日本語教師養成コース:生命環境エリア支援室学生支援(2B棟3階)TEL.029-853-4804
アグロノミスト養成コース:生命環境エリア支援室学生支援(2B棟3階)TEL.029-853-4804
日本芸術コース:体育芸術エリア支援室学生支援(5C棟2階)TEL.029-853-2731
ヘルスケアコース:医学医療エリア支援室学生支援(4A棟2階)TEL.029-853-2916
今川FUTURE基金奨学金 ヘルスケアコースの留学生に対する支援
1)趣旨 Japan-Expert(学士)プログラムヘルスケアコースに入学又は在学する外国人留学生に対して積極的な支援を行います。
2)対象 Jヘルスケアコースの外国人留学生(東アジア・東南アジア地域(中国及び韓国を除く))で,学業成績,人物ともに優れ,経済的支援を必要とし,他の奨学金の支給を受けていない者で所属学群長が推薦する者
3)支給額 月額8万円 入学年度においては,修学支度金5万円(1回限り)を併せて支給。
4)支給期間 入学の月から最短修業期間とする。
5)申請方法 定める出願期間内に,所定の奨学金申請書により申請してください。
6)問合せ 医学医療エリア支援室学生支援(4A棟2階)TEL.029-853-2916
̃y[W̃gbv戻る

2.海外留学支援

交換留学支援
1)趣旨 グローバル化が進展する中で,国際感覚を身につけ将来国際的に活躍できる学生の育成は益々重要となっています。本学の学生で協定校への留学を目指す者に対する支援を行い,学生の海外派遣の一層の促進を図ります。
2)対象 本学と海外の大学等との間で締結した学生交流に関する大学(部局)間協定に基づき,当該協定校に6か月を超え1年以内の間派遣される学生で,他の奨学金等の支給を受けていない者(派遣中の学籍上の身分は「留学」に限ります。)
3)支給額 月額6万円~10万円(派遣地域により異なります。)
4)支給期間 当該協定校に入学を許可された期間(最大12ヵ月)
5)申請方法 年1回(12月~1月)募集しますので,所定の申請書により申請してください。予算の状況に応じて追加募集する場合があります。
6)問合せ 学生部学生交流課(海外留学)(1A棟1階)
TEL.029-853-6792
̃y[W̃gbv戻る

3.国際的医学研究人養成コース支援

1)趣旨 医学群医学類国際的医学研究人養成コース,または人間総合科学研究科(医学の課程)に在学し,修了後,基礎研究者を志望する学生に対し,経済支援を行います。
2)対象 医学群医学類国際的医学研究人養成コース,または人間総合科学研究科(医学の課程)に在学する者
3)支給額 学群:月額5万円(最大1年間),大学院:月額8万円(最大4年間)
4)申請方法 定める出願期間内に,所定の奨学金申請書により申請してください。
5)問合せ 医学医療エリア支援室(学生支援)*4A棟2階
TEL.029-853-2916

4.緊急支援

1)趣旨 家計支持者の失業等により,学生本人の意志に関わらず修学環境が悪化する例が増えています。これらの学生に対して,積極的な経済支援を行うことにより,学生の修学環境の改善を図ります。
2)対象 学群又は大学院の正規の課程に在籍する者で,主たる家計支持者の死亡,やむを得ない事由による失職により家計が急変し,修学が困難な者(所得が,授業料免除の半額免除となる条件を満たす者)
3)支給額 20万円を支給します(事由を問わず1人に付き1回の支給)。
4)申請方法 随時受付けます。事由が生じた時から6か月以内に,所定の申請書に当該事由を証明する書類等を添付し申請してください
詳細はこちらからpdf
5)問合せ 学生部学生生活課(経済支援チーム)*スチューデントプラザ3階
TEL.029-853-5959

このページのトップへ