印刷

教育

大学院共通科目

キャリアマネジメント 科目群 -産業界や地域社会へ飛び立つ豊かな力の向上-

教育・研究指導Ⅱ(教師論)

科目番号 01ZZ501
授業科目名(和文) 教育・研究指導Ⅱ(教師論)
授業科目名(英文) Theories and Discussion for Teachers
授業形態 講義と討論
標準履修年次 特になし
開設学期
曜時限 12月25日(金)、26日(土) 10時~17時
教室 12月25日(金) 総合研究棟A棟111、26日(土)10時~12時 総合研究棟A棟111、13時~2A411
単位数
担当教員
教員名 甲斐 雄一郎、石隈 利紀、野村 港二、木村 範子、非常勤講師(附属学校教諭4名)
所属 生命環境系
学務担当 生命環境科学研究科
主実施組織 付属学校、生命環境科学研究科、人間総合科学研究科
TF・TA
オフィスアワー等
オフィスアワー 特に定めないが、事前連絡すること
研究室 生物農林学系棟C710
電話番号 4792/[E-mail:kaki@sakura.cc.tsukuba.ac.jp]
E-mail
教育目標との関連 「豊かな人間形成」と、「高度職業人の養成」に関連する
授業の到達目標 生徒にとって、魅力ある教師とは、どのような教師なのか、また教師としての生甲斐は何かについて理解を深めることを目的とする。
授業概要 変貌する社会の中で、教師とはどのような役割を果たすべきか、また、教師として何を目指すのかについて認識するとともに、教師としての生き甲斐と成長、教えることの魅力、優れた指導、生徒や保護者との関わりなど、教師論を実践的に考えます。経験豊かな附属学校の教員による講義と、これを受けて受講者による「魅力ある教師像」「私の教師像」についての討論を行います。
キーワード 教師、教育、生徒指導、教育実践
授業計画 2日間の集中授業とする。1日目と2日目の授業の進行は同じであるが、異なる教科の附属学校教員による講義を行う。
(1)4名の経験豊かな附属学校教員による教師論の講義
(2)講義を参考に、小グループで「理想の教師像」などについて討議
(3)各グループで纏まった「教師像」を発表し、それをもとに、講師を含めて全員で討議し、「魅力ある教師像」について認識を深める。

1日目
 10:00-10:30 オリエンテーションなど
10:30-12:00 講義1:根本文雄先生(附属大塚特別支援学校高等部主事)
 12:00-13:00 昼休み
 13:00-14:30 講義2:青松利明先生(附属視覚特別支援学校教諭)
 14:30-15:00 休憩
 15:00-16:30 討議・まとめ
 
2日目
 10:00-10:30 
10:30-12:00 講義3:建元喜寿先生(附属坂戸高等学校教諭)
 12:00-13:00 昼休み
 13:00-14:30 講義4:那須和子先生(附属高等学校副校長)
 14:30-15:00 休憩
 15:00-16:30 討議・まとめ
履修条件 教師を目指す大学院生の受講を望む。
成績評価方法 ①評価方法 レポート:2日間の授業をもとに「私の教師像」について纏める
②割合
③評価基準 自分の考えが明確に纏められていること。
教材・参考文献・配布資料
授業外における学習方法 特になし
その他
開講情報 ポスターpdf
開講日 2015年 12月 25日   10時00分 ~ 17時00分
2015年 12月 26日   10時00分 ~ 17時00分
備考 TWINS履修登録期間:12月22日(火)まで
シラバス(英語)

アイコン表示について

  • NEW 情報が新規登録されてから14日以内の項目に表示します
  • 更新 情報が更新されてから14日以内の項目に表示します

このページのトップへ