印刷

教育

大学院共通科目

生命・環境・研究倫理 科目群 (01ZZ1**)

環境倫理学概論

科目番号 01ZZ104
授業科目名(和文) 環境倫理学概論
授業科目名(英文) Introduction to Environmental Ethics
授業形態 講義
標準履修年次 1-5
開設学期 秋B
曜時限 集中
教室
単位数 1
担当教員
教員名 WATANABE Kazuo, MATSUI Kenichi(coordinator)
所属 Life & Environmental Sciences
学務担当
主実施組織
TF・TA
オフィスアワー等
オフィスアワー Mon. - Fri. 15:00~16:00
研究室 Master's Programs in Natural Sciences理科系修士棟B305
電話番号 029-853-6701/[E-mail:kenichim@envr.tsukuba.ac.jp]
E-mail
教育目標との関連 自然環境と実際に接することで導き出された環境倫理思想に焦点を置き、実践可能な倫理の構築探求に関連する。
授業の到達目標 受講生それぞれが自らを特定の社会の中だけでとらえず、地球市民として環境における自らの役割を考えることのできる洞察力と人間力を涵養する。この目標を達成するため、レポート提出やそれへの担当教員からのフィードバック、クラスでのディスカッションを行い、各受講生が独自の意見を形成する助けとする。この学習過程を通して実践的かつ独創的な問題解決能力を養成する。
授業概要 This course helps you to place yourself within a large environmental context. It provides a broad overview of ethical issues that are pertinent to human-nature relationships. Our topics include the history of environmental ethics; international environmental law; intellectual property rights and the ethics for biological resources; household environmental ethics, animal rights and welfare; and the conservation of socio-ecological production. These wide-ranging topics provide contexts for you to discuss the ethical, legal, and social implications of environmental problems, and, in turn, give us better coordinated directions for achieving environmental conservation and sustainability. Throughout this course, you are encouraged to develop and refine your own original and innovative insights on how humans can better coordinate their efforts to deal with many regional and global environmental issues today and tomorrow.
キーワード 環境倫理(environmental ethics)、環境国際法(International Environmental Law)、知的所有権(Intellectual Property Rights)、動物の権利と福祉(Animal Rights and Welfare)、先住民族の伝統知(indigenous peoples and Traditional Knowledge/ Wisdom)他。
授業計画 Course Contents & Schedule (may slightly change)

<Day 1>

9:00-9:30 Course Orientation
―By Matsui

9:30-12:00 History of the Environmental Ethics
―by Matsui

<<Lunch Break>>

13:15-16:45 Environmental Ethics and International Environmental Law
―By Watanabe

16:50-17:10 Discussion


<Day 2>
9:00-10:40 Household Environmental Ethics
—by Matsui

10:55-12:30 Indigenous Peoples and Environmental Ethics
--by Matsui

<<Lunch Break>>

13:30-15:00 Water Ethics: Indiginizing rights to Water

15:30-16:00 Discussion
履修条件 特になし
成績評価方法 Attendance 20%
Essay assignment 50%
Class contribution 30%
教材・参考文献・配布資料 Recommended Readings
-Andrew Light and Holmes Roston III, eds., Environmental Ethics: An Anthology. Blackwell Publishing, 2003.
-Donald VanDe Veer and Christine Pierce, eds., The Environmental Ethics & Policy Book. Thomson Wordsworth, 2003.
授業外における学習方法 環境倫理学概論BBSサイト(http://6524.teacup.com/matsuiethics/bbs)
「応用環境倫理学研究会」活動への参加
その他 やむを得ない理由でレポートの提出が期日までに間に合わない場合や欠席する場合、できるだけ早く世話人に相談してください。
開講情報
開講日
備考 The course will be taught in English.
シラバス(英語)

アイコン表示について

  • NEW 情報が新規登録されてから14日以内の項目に表示します
  • 更新 情報が更新されてから14日以内の項目に表示します

このページのトップへ