印刷

教育

大学院共通科目

研究マネジメント力養成 科目群 (01ZZ2**)

リスクマネジメント序論

科目番号 01ZZ202
授業科目名(和文) リスクマネジメント序論
授業科目名(英文) Introduction to Risk Management
授業形態 講義
標準履修年次 特になし。
開設学期 春C
曜時限 7月10日(月)、7月11日(火)、7月12日(水)
教室 3B402
単位数 1
担当教員
教員名 伊藤 誠(世話人),谷口 綾子,岡島 敬一,西出 隆志,三崎 広海,甘利 康文
所属 システム情報系
学務担当 システム情報工学研究科
主実施組織
TF・TA
オフィスアワー等
オフィスアワー メールでアポをとってください
研究室 総合研究棟B棟8階 808号室
電話番号 5502
E-mail itoh@risk.tsukuba.ac.jp
教育目標との関連 共通科目開設の趣旨のうち,『「チャンスとリスク」の意識』に関連している。また,システム情報工学研究科の教育目標のうち,『「情報システム」,「工学システム」,「社会システム」に内包する 「リスク」を幅広く統合すること』に関連している。
授業の到達目標 不確実性を持つシステムに対処可能な工学的手法の開発に関連し,リスクを扱うために必要なソフトコンピューティング,ライフサイクルアセスメント,リスクプロファイルをはじめとする諸技法および,都市リスク,情報リスク,セキュリティに関する基礎知識の修得を到達目標とする。
授業概要 リスクマネジメントは現代社会を構成する最も重要な要素の一つであり、リスクマネジメントの適否が個人の生命や組織運営の成否を左右するといっても過言ではない。本講義では、様々なリスクの概念、その現われと管理・対処の方法について概説する。
1. リスクマネジメントの概説と事例
2. 都市居住のリスクマネジメント
3. リスクマネジメントに必要な数学的ツールとゼロリスク
4. 日本の災害リスクとマネジメント
5. 情報セキュリティリスクと対策
6~10. セキュリティとリスクマネジメント
Risk management is one of the most important concept in modern society and it strongly influences human life and society. This lecture provides various concepts of risk and ways of risk management.
1. Explanation and examples of risk management
2. Risk management in urban living
3. Mathematical tools to manage risk
4. Disaster risk and its management in Japan
5. Information security risk and its management
6-10. Security and risk management
キーワード リスクマネジメント,ゼロリスク,災害リスク,交通リスク,メディアリスク,情報リスク,セキュリティ
授業計画
履修条件 特になし。
成績評価方法 ①評価方法:各講師の出題する演習で判断する。
②割合:演習のみとし、テストは行わないものとする。
③評価基準:総合で6割以上を合格とする。
教材・参考文献・配布資料 遠藤・村尾編著,「リスク工学との出会い」(リスク工学シリーズ1,コロナ社)
鈴木編著,「リスク工学概論」(リスク工学シリーズ2,コロナ社)
遠藤編著,「リスク工学の基礎」(リスク工学シリーズ3,コロナ社)
古川編著,「リスク工学の視点とアプローチ」(リスク工学シリーズ4,コロナ社)
授業外における学習方法 集中講義の形を取るため、予習よりも復習に多くの時間を割くべきである。
その他 なし。
開講情報
開講日 2017年 07月 10日   10時10分 ~ 16時30分
2017年 07月 11日   10時10分 ~ 15時00分
2017年 07月 12日   10時10分 ~ 15時00分
備考 TWINS履修登録期間(5月22日~7月3日)教室(3B402)
シラバス(英語)

アイコン表示について

  • NEW 情報が新規登録されてから14日以内の項目に表示します
  • 更新 情報が更新されてから14日以内の項目に表示します

このページのトップへ