印刷

教育

大学院共通科目

キャリアマネジメント 科目群 (01ZZ5**)

ダイバーシティと男女共同参画Ⅱ

科目番号 01ZZ520
授業科目名(和文) ダイバーシティと男女共同参画Ⅱ
授業科目名(英文) 更新 Diversity and Gender Equality II
授業形態 講義・議論
標準履修年次 1-5
開設学期 春季休業中
曜時限 更新 2月22日(木)10時~17時、2月23日(金)10時~17時
教室 更新 2月22日(木)大学会館マルチメディアルーム、2月23日(金)10時~14時 大学会館マルチメディアルーム、15時~17時 大学会館国際会議室
単位数
担当教員
教員名 河野 禎之
所属 ダイバーシティ・アクセシビリティ・キャリアセンター ダイバーシティ部門
学務担当 ダイバーシティ・アクセシビリティ・キャリアセンター ダイバーシティ部門
主実施組織 ダイバーシティ・アクセシビリティ・キャリアセンター ダイバーシティ部門
TF・TA
オフィスアワー等
オフィスアワー 特に定めないが事前連絡要
研究室 ダイバーシティ・アクセシビリティ・キャリアセンター ダイバーシティ部門(スチューデントプラザ2階)
電話番号 ext.6131
E-mail
教育目標との関連 男女共同参画/ダイバーシティ」に関連する科目
授業の到達目標 産業化、技術革新による変化にともない、組織の中で働く人々の生活や人間関係にもさまざまな変化が生まれています。本授業では、「仕事と生活」をどのように両立していくか、なぜ男女共同参画やダイバーシティ(多様性)を推進する必要があるのか、ワークライフバランスを軸にそのの意味を理解することを目指します。授業では、その実現に向けた実践力(グループワークにより聴く力、伝える力、情報収集力、リスクマネジメント力等)を身につけることも目標とします。
授業概要 更新 産業化、技術革新、国際化による変化にともない、組織の中で働く人々の生活や人間関係にもさまざまな変化が生まれています。本授業では、「仕事と生活」をどのように両立していくか、なぜ男女共同参画やダイバーシティ(多様性)を推進する必要があるのか、ワークライフバランスを軸にその意味を理解することを目指します。
 授業では、多様性を価値に変えることで、今までにないイノベーションを創出する原動力となることを理解し、その実現に向けた実践力(グループワークにより聴く力、伝える力、情報収集力、リスクマネジメント力等)を身につけることも目標とします。
 そのために、1日目にはワーク・ライフ・バランスと男女共同参画やダイバーシティ推進とのつながりや、それらの意義についてグループワークを中心に意見交換を行います。2日目には、ゲスト講師(岡山大学副学長 中谷 文美氏)によるワークショップを通じて、多様性を生かすことで新しい視点や発想につなげるグループワークを実践します。
キーワード 男女共同参画/ダイバーシティ、WLB
授業計画
履修条件 更新 大学院共通科目の単位履修のためには2日間の出席を前提とします。
成績評価方法
教材・参考文献・配布資料 資料は当日、配布します。
授業外における学習方法
その他 幅広い興味と好奇心をもって参加し、積極的にグループワークに参加して下さい。ダイバーシティ部門で企画するプログラムへの参加を歓迎します。
開講情報 更新 ポスターpdf
開講日 更新 2018年 02月 22日   10時00分 ~ 17時00分
2018年 02月 23日   10時00分 ~ 17時00分
備考 更新 TWINS履修登録(1月22日~2月16日)履修の問合せは大学院共通科目事務室(ggec@un.tsukuba.ac.jp)まで。
シラバス(英語)

アイコン表示について

  • NEW 情報が新規登録されてから14日以内の項目に表示します
  • 更新 情報が更新されてから14日以内の項目に表示します

このページのトップへ