印刷

教育

大学院教育
開設授業科目について

開設授業科目について

  • 開講学期が空欄の科目は,“本年度開講しない科目”または“開講予定で時期が未定の科目”を示します。備考欄に注意書きがある場合には,その指示に従ってください。なお,開講時期が未定の科目については,開講時期が決定した時点で掲示等により周知しますので,掲示等にご注意ください。
  • 担当教員欄が( )の科目は,後日担当教員が決定し,開講予定の科目であることを示します。
  • 備考欄の記号の意味については,以下のとおりです。
    (英)…英語で授業を実施する科目
    「英」…要望があれば英語でも実施可能な科目
    (連)…連携大学院方式の学生のみが受講科目な科目
    「連」…連携大学院方式以外の学生も受講可能な科目
    非 …授業を担当する教員が非常勤講師
    連 …授業を担当する教員が連携大学院等教員
  • 備考欄の「14条対応」とは,大学院設置基準第14条(教育方法の特例)に対応する授業科目を示します。次のとおり定められています。
    「大学院の課程においては,教育上特別の必要があると認められる場合には,夜間その他特定の時間又は時期において授業又は研究指導を行う等の適当な方法により教育を行うことができる。」

このページのトップへ