印刷

お知らせ・情報

知的コミュニティ基盤研究センター公開シンポジウム2010「現代出版研究の視座:情報メディアの電子化と出版流通の変容」

2010/03/05

 筑波大学知的コミュニティ基盤研究センターでは,年に1回,情報メディアや情報技術に関連するテーマを設定して,シンポジウムを開催しております。
 今回は,近年技術的にも進展著しい電子メディアと出版流通との関係について取り上げます。出版流通業界が抱える様々な問題点は,どれもなかなか解消されないまま,今日に至っています。ここ数年は特に,情報メディアの電子化が急速に進展することでメディア環境が大きく変化しており,そのことが,出版流通制度の疲弊やビジネスモデルの変容,「本」というメディアの将来性など,出版流通業界が内包してきた問題を浮き彫りにし,より一層深刻なものにしているようにも思われます。
 このシンポジウムでは,そのような出版流通業界の現状に対して,アカデミックな視点から切り込んだときに見えてくるものは何かについて考えることを目的とします。
 コンテンツを生産・流通させる作業を通して,現代のメディア環境に「現場」側からアプローチする立場と,同じ環境にアカデミズム側からアプローチする立場という両サイドの方々にお集まりいただき,様々な角度から,出版流通の現状やメディア環境のありようについて,お話を伺います。
 出版流通や情報メディアに御関心をお持ちの皆さまのご来場をお待ちしております。
 なお,シンポジウムでは,同センターの各研究部門の成果報告を合わせて行いますので,そちらもご覧いただければ幸いです。

日時:3月5日(金) 10:00-17:00
場所:筑波大学情報メディアユニオン(筑波キャンパス春日地区)2階メディアホールGooglrMap版へ
アクセス:関東鉄道バス:筑波大学中央行き又は筑波大学循環バス「筑波大学春日キャンパス」下車
      つくばエクスプレス(TX)つくば駅徒歩7分
プログラム:
 10:00-11:30 センター各部門による成果報告会
 11:30-13:00 休憩
 13:00-13:10 シンポジウム趣旨説明
 13:10-14:10 「崩壊は現場で起きている」
         小峯隆生氏(フリーライター)
 14:30-15:30 「電子メディア産業が出版流通業界に与える影響」(仮)
         植村八潮氏(東京電機大学出版局)
 15:30-16:30 「電子ブックと出版:読者から見えるもの」
         影浦峡教授(東京大学大学院教育学研究科)
 16:30-17:00 まとめ・質疑応答
 ※プログラムの詳細に関しては,下記関連リンク「知的コミュニティ基盤研究センター公開シンポジウム2010」をご覧ください。
参加費:無料(どなたでも参加いただけます。)
申込:参加を希望される方は,次の問い合わせ先まで,電子メールかFAXでお申し込みください。
 (当日参加も可能ですが,なるべく事前申込みをしてください。)
問合せ:
 〒305-8550
  茨城県つくば市春日1-2
  筑波大学図書館情報メディア研究科内
   筑波大学知的コミュニティ基盤研究センター
    (TEL.029-859-1524,FAX.029-859-1544)
  E-mail:kc-office#@#slis.tsukuba.ac.jp(※「#@#」を「@」に置き換えてください。)

関連リンク

このページのトップへ