印刷

お知らせ・情報

講演会「『水の世紀』に日本はいかに貢献できるか」

2010/03/26

主催:生命環境科学研究科プロジェクト「『水の世紀』における水問題解決手法に関する知見の統合」
    代表:筑波大学陸域環境研究センター浅沼順准教授(生命環境科学研究科)
共催:
・持続環境学専攻「環境ディプロマティックリーダーの育成拠点」
・筑波大学陸域環境研究センター

日時・場所:3月26日(金)
〇第1部:14:00-18:00
  講演会:総合研究棟B1階公開講義室GooglrMap版へ
  アクセス:関東鉄道バス:筑波大学中央行き又は筑波大学循環バス「第三エリア前」下車
〇第2部:18:00-
  懇親会兼ポスターセッション:第2エリア食堂(2B棟GooglrMap版へ
  アクセス:関東鉄道バス:筑波大学中央行き又は筑波大学循環バス「筑波大学中央」下車
趣旨:
 広い意味での「水」に関する研究や社会問題への関心が,研究者の間のみならず,一般社会においても高まっており,政策的な研究資金も増えつつあります。学内の関連する研究者が集まる機会を設け,日本ならびに世界における「水問題」の解決において,筑波大学の水研究がどういうアプローチからどのような貢献ができるか,を議論する場としたいと存じます。
プログラム: 
○第1部:講演会(総合研究棟B1階公開講義室)
 司会:恩田裕一教授(生命環境科学研究科,生命共存科学専攻)
 14:00 開会挨拶:生命環境科学研究科長 東 照雄教授(生命環境科学研究科)
 14:05 趣旨説明:浅沼准教授
 14:10 招待講演
  ・講師:大垣眞一郎氏(国立環境研究所理事長,学術会議副会長)
   演題:社会的共通資本としての水システム
 15:10 招待講演
  ・講師:山田 健氏(サントリーHD(株)エコ戦略部シニアスペシャリスト)
   演題:水を育む森づくり
 16:10 Coffee Break(司会:白川直樹講師(システム情報工学研究科,構造エネルギー工学専攻))
 16:25 「筑波大学の水問題への取り組み」討議
  ・講師:佐藤政良教授(生命環境科学研究科,国際地縁技術開発科学専攻)
    題:エジプトの水資源の現状と課題
  ・講師:山本隆志教授(人文社会科学研究科,歴史・人類学専攻)
    題:日本前近代における水辺の用益と利害調整
  ・講師:恩田教授
    題:山地における水循環,土砂移動と森林管理に関する学際的な取り組み
  ・講師:辻村真貴准教授(生命環境科学研究科,持続環境学専攻)
    題:環境ディプロマティックリーダーの育成拠点
 17:45 討論(司会:浅沼准教授)
○第2部:ポスターセッション兼懇親会(第2エリア食堂)
 司会:藤巻晴行准教授(生命環境科学研究科,国際地縁技術開発科学専攻)
 18:00-
 1 小田桐康(システム情報工学研究科)
   吸着性物質のカラム試験及びCTRWパラメータ選定に関する研究
 2 瀬川紘人(同)
   粒子画像流速測定結果による土壌中の拡散予測
 3 脇山義史,恩田裕一,平岡真合乃,加藤弘亮,南光一樹(生命環境科学研究科)
   人工斜面観測による母岩の異なるヒノキ林土壌における土壌侵食プロセスの比較
 4 三木田慎(同)
   タイ王国バンコク首都圏における揚水活動に伴う深層地下水涵養過程の数値解析
 5 楊 偉(同)
   An Enhanced Three-band Index for Estimating Chlorophyll-a in Turbid Case II waters
 6 大城慶彦(自然学類),山中勤(TERC)
   牛久沼流域における河川水質の空間分布と土地利用の関係
 7 高橋真哉,恩田裕一(生命環境科学研究科),内田太郎(土木研究所),地頭薗隆(鹿児島大学),浅野友子(東京大学),馬場茂彰(生命環境科学研究科),田中健太(第一学群),戸田博康(宮崎河川国道事務所)
   宮崎県鰐塚山における深層崩壊発生場と渓流水の水質の関係
 8 平岡真合乃,恩田裕一(生命環境科学研究科)
   強度間伐によるヒノキ人工林の浸透能および林床状態の短期的な変化
 9 成沢知広(同)
   高知県葛籠川流域における異なる森林流域の降雨流出特性の比較
 10 楊 帆,福島武彦,松下文経(同)
   霞ヶ浦流域における不浸透面の長期変化及び水質への影響
 11 荒居博之(同)
   Increase in Silicon Concentrations and Release from Suspended Solids and Bottom Sediments in Lake Kasumigaura
 12 浅沼順(TERC)
   Applications of community land model(CLM3) to semi-arid Mongolian Grassland
問合せ:筑波大学陸域環境研究センター
     吉村(TEL.029-853-2533)又は浅沼(TEL.029-853-6704)
     E-mail:asanuma#@#suiri.tsukuba.ac.jp(※「#@#]を「@」に置き換えてください。)

関連リンク

このページのトップへ