印刷

お知らせ・情報

Cyber Arts Tsukuba シンポジウム「つくば系アーティストとは何か?」

2010/07/21

主催:(独)科学技術振興機構戦略的創造研究推進事業CREST「デバイスアートにおける表現系科学技術の創成(研究代表者:岩田洋夫)」

日時:7月21日(水) 13:00~15:00
場所:日本科学未来館(東京都江東区青海2-41)
    イノベーションホール(7階)
概要:
 世界のメディアアートシーンにおいて,筑波大学出身のアーティストが果たした役割は計り知れないものがあります。岩井俊雄氏,明和電機,クワクボリョウタ氏,といった我が国を代表するメディアアーティストの多くが筑波大学出身です。また,芸術と融合した工学のありかたを模索する新たな芸術様式である「デバイスアート」も筑波大学が拠点です。
 これらの筑波大学出身アーティストには,ある種の傾向を見出すことができ,「つくば系アーティスト」という言葉も聞かれるようになりました。モノ作りを出発点とする,奇抜なハードウェアを駆使する作風もその特徴の一つといえるでしょう。
 Cyber Arts Tsukuba シンポジウムは,この「つくば系アーティスト」に初めてスポットを当て,その特質を探ります。
出演:
・コーディネータ
 岩田洋夫教授(筑波大学システム情報工学研究科,知能機能システム専攻)
・教員代表
 逢坂卓郎教授(筑波大学人間総合科学研究科,芸術専攻)
・卒業生作家代表
 土佐信道氏(明和電機)
・卒業生キュレータ代表
 森山朋絵氏(東京都現代美術館)
・ゲストコメンテータ
 Gerfried Stocker氏 (Ars Electronica Center)
 ※同時通訳付き
入場料:無料
問合せ:
 E-mail:cyber_arts_tsukuba#@#vrlab.esys.tsukuba.ac.jp(※「#@#」を「@」に置き換えてください。)

※日本科学未来館3階のデバイスアート・ギャラリーでは,明和電機の「ノック!ミュージック -打楽器からコンピュータに至る4つの進化論」展を開催中です。合わせてご覧ください。

関連リンク

このページのトップへ