印刷

お知らせ・情報

149回保健・医療・福祉に関する勉強会

2010/10/07

 今回の勉強会では宗田聡パークサイド広尾レディスクリニック院長に「我が国における遺伝子検査と倫理・社会的問題~出生前診断を例に~」の演題でお話して頂く予定です。
 皆様のご参加を心よりお待ちしております。
 なお,今回は木曜日の開催となっておりますので,ご注意ください。

日時:10月7日(木) 18:30-20:30
場所:筑波大学総合研究棟D公開講義室(1F)GooglrMap版へ
 ※防犯の関係上,19:00以降は建物の正面入口がロックされます。スタッフにて出来うる限り入館対応を行いますが,なるべく19:00までにお越しくださるようお願いいたします。
アクセス:関東鉄道バス:筑波大学中央行き又は筑波大学循環バス「平砂学生宿舎前」又は筑波大学循環バス「天久保池」下車
講師:宗田聡パークサイド広尾レディスクリニック院長
演題:我が国における遺伝子検査と倫理・社会的問題~出生前診断を例に~
概要:
 今年7月に,Amsterdam(オランダ)で開催されたISPD(the International Society for Prenatal Diagnosis)主催の国際カンファレンスに参加し,そこで発表された日々進歩している遺伝子検査や出生前診断に対する世界の最新の技術や倫理・社会的な問題について紹介したいと思います。そして,今の我が国における現状と比較することで,何が大きな問題となっており,そのためにはどうしたらよいのかを,一緒に考えてみたいと思っています。
連絡先:筑波大学人間総合科学研究科福祉医療学 柳 久子
     TEL/FAX.029-853-3496

このページのトップへ