印刷

お知らせ・情報

150回保健・医療・福祉に関する勉強会

2010/11/16

 皆様のご参加を心よりお待ちしております。

日時:11月16日(火) 18:30-20:30
場所:筑波大学総合研究棟D公開講義室(1F)GooglrMap版へ
 ※防犯の関係上,19:00以降は建物の正面入口がロックされます。スタッフにて出来うる限り入館対応を行いますが,なるべく19:00までにお越しくださるようお願いいたします。
アクセス:
 筑波大学筑波キャンパスへは「筑波キャンパスへの交通アクセス」をご覧ください。
 利用停留所(関東鉄道バス):
 ・筑波大学中央行き又は筑波大学循環バス「平砂学生宿舎前
 ・筑波大学循環バス「天久保池
講師:井上雅樹先生(みなのクリニック内科呼吸器科院長)
演題:親友と二人で呼吸器科クリニックを開業して6年
    多様化する開業の形と地域医療を考える
概要:
 21世紀になって,「地域医療を支えてきた病院から医師がいなくなり,地域住民の方々に深刻な影響を与えている。」といった報道がされる様になってきました。それぞれの医師は,自分の立場で頑張っているのにシステムとしてうまく機能していない。そのようなジレンマの中で,私と大学入学以来の親友である陶山時彦君は,自分たちが医師として本当にやりたかったこととして「患者さんたちを診る」ことを選び,開業することとなりました。二人とも呼吸器内科専門医であるため,呼吸器を専門とした外来を行い,病状が進行した方のために訪問診療を行っています。また,禁煙指導にも力を入れて取り組んでおります。今回は,みなのクリニックでの診療を通して,少し変わった開業の形と,地域医療を考えてみたいと思います。
連絡先:筑波大学人間総合科学研究科福祉医療学 柳 久子
     TEL/FAX.029-853-3496

このページのトップへ