印刷

お知らせ・情報

第1回筑波大学研究成果発表フォーラム2010

2010/12/01

-IMAGINE THE FUTURE. 未来構想大学を目指す最先端研究の展開-

 筑波大学は,法人化を経て国立大学が大きく変革していく中で,あらゆる面で「開かれた大学」として,開学から先進的かつ先導的な改革を進めてきました。大学の理念をしっかりと持ち,教育・研究・社会貢献などの充実を目指して先端的,挑戦的,創造的な活動を展開してまいりました。
 このたび,筑波大学は,これまでの研究活動とその研究力を社会に分かりやすく情報発信するための活動の一環として,フォーラムを開催することにより,広く国民の皆様のご理解とご関心を深めていただくことを目的として,「IMAGINE THE FUTURE. 未来構想大学を目指す最先端研究の展開」をテーマとし,ライフ・イノベーション,グリーン・イノベーションに関する第1回の研究成果発表フォーラムを開催することといたしました。
 今回のフォーラムでは,江崎玲於奈筑波大学元学長(1973年ノーベル物理学賞)の特別講演とともに,筑波大学の最先端研究にスポットをあて,研究者による最先端の研究発表・展示を行います。
 今後,この第1回のフォーラムを契機に,様々なテーマを設定しながら,このフォーラムを国民の皆様との「対話の場」として継続・発展させ,「開かれた大学」づくりに活かしていきたいと考えております。

日時:12月1日(水) 13:30-17:25
会場:東京国際フォーラム ホールD7
    (東京都千代田区丸の内3丁目5番1号)
アクセス:東京国際フォーラムアクセスマップ
プログラム:
 12:30-    受付開始
 13:30-13:50 挨拶:山田信博筑波大学長
 13:50-14:00 来賓挨拶
 14:00-15:00 特別講演
         講師:江崎玲於奈筑波大学元学長
         演題:In Half a Century of Research What did I Learn?
 (Coffee Break・休憩)パネル展示・ポスターセッション
 15:30-17:25 最先端研究発表
         ・山海嘉之教授(筑波大学システム情報工学研究科)
          「健康長寿社会を支える最先端人支援技術
           ~サイバニクスを駆使したロボットスーツHAL最前線~」
         ・柳沢正史教授(同分子行動科学研究コア)
          「睡眠・覚醒の謎に挑む」
         ・寺西利治教授(同数理物質科学研究科)
          「ナノエレクトロニクスへの化学からのアプローチ」
         ・渡邉信教授(同生命環境科学研究科)
          「炭化水素産生藻類~未来の石油代替資源~」
参加費:無料
申込み方法:
 参加をご希望の方は,お手数ですが,以下の事項を記入のうえ,件名を「フォーラム申込」として「問合せ」記載の電子メールアドレス又はFAX番号あてお送りください。
 ・氏名(ふりがな)
 ・勤務先
 ・所属部署
 ・職名
 ・電話番号
 ・FAX番号(※FAXでお申し込みをされた方のみ)
 ・E-mail
定員:200名(先着順:定員になり次第,締め切ります。)
問合せ:筑波大学研究推進部研究企画課(研究成果発表フォーラム担当)
    TEL.029-853-7844,2936
    FAX.029-853-6011
    E-mail:forum2010#@#un.tsukuba.ac.jp(※「#@#」を「@」に置き換えてください。)

拡大版は,PDF資料をご覧ください。
拡大版は,PDF資料をご覧ください。

PDF資料

このページのトップへ