印刷

お知らせ・情報

平成22年度青年海外協力隊等派遣現職教員特別研修・帰国報告会

2010/12/26,27

主催:筑波大学
共催:文部科学省・JICA

日時:12月26日(日)・27日(月)
会場:JICA(Japan International Cooperation Agency)研究所(東京都新宿区)
 ※アクセスは下記関連リンク「JICA研究所のアクセス」を参照ください。
プログラム:
○12月26日(日) 帰国報告会(一般公開)
 11:30-12:00 受付
 12:00-12:05 開会挨拶:佐藤眞理子筑波大学教育開発国際協力研究センター長
 12:05-12:15 現職教員特別参加制度の意義:文部科学省
 12:15-12:25 現職教員に期待すること:伊藤隆文JICA青年海外協力隊事務局長
 12:25-12:35 筑波大学による派遣現職教員のサポート:筑波大学教育開発国際協力研究センター
 12:35-12:45 研修プログラムの説明:同
 12:45-13:30 国際理解教育~ヒト・モノ・コトを通した国際理解と交流~:手嶋將博准教授(文教大学教育学部)
 13:30-13:40 世界に飛び出すみんなの先生:DVD上映
 13:40-14:10 海外ボランティア経験教員の還元・貢献~その取組と可能性:佐藤真久准教授(東京都市大学環境情報学部)
 14:20-16:35 帰国報告会:平成20年度1次隊・帰国後数年経過した派遣現職教員
 16:40-17:40 派遣前教員と帰国教員の座談会
 17:45-17:55 集合写真撮影
 18:00-19:00 懇親会
※参加申込:
 帰国報告会に参加されたい方は,関連リンク「平成22年度青年海外協力隊派遣現職教員帰国報告会参加応募フォーム」からお申込みください。
○12月27日(月) 特別研修(平成23年度1次隊派遣予定の現職教員対象)
 09:00-09:30 受付
 09:50-10:20 JICAの教育協力とJOCVの現地活動の連携(佐久間潤JICA基礎教育グループ長 兼,JICA人間開発部次長)
 10:20-11:05 国際協力イニシアティブアーカイブス(派遣中に役立つコンテンツの紹介):磯田正美准教授(筑波大学教育開発国際協力研究センター)
 11:05-11:25 情報提供「ユネスコスクール・持続可能な発展のための教育(ESD)について」:文部科学省
 11:25-11:55 派遣は2年。教師は一生。帰国後いかに活かすか:丸山一則豊岡市立港中学校長
 11:55-12:00 閉会挨拶:佐藤眞理子筑波大学教育開発国際協力研究センター長
問合せ:筑波大学教育開発国際協力研究センター
     TEL.029-853-6573
     E-mail:jocv#@#criced.tsukuba.ac.jp(※「#@#」を「@」に置き換えてください。)

※派遣現職教員とは
 「現職教員特別参加制度」を利用して青年海外協力隊及び日系社会青年ボランティアに参加する教員のことで,制度創設以来679人の現職教員がさまざまな国で活躍しています。

関連リンク

このページのトップへ