印刷

お知らせ・情報

筑波大学知的コミュニティ基盤研究センター公開シンポジウム2010

2011/03/07

 筑波大学知的コミュニティ基盤研究センターでは,年に1回,情報メディアや情報技術に関連するテーマを設定して,シンポジウムを開催しています。今回は,昨今ますます重要性が増している公文書館における資料保存と広い視野からの情報アクセス技術に関する話題を取り上げます。
 現在,公文書館をはじめ,資料館,図書館,博物館,科学館,情報センター等ではその多様な資源の組織化と効果的なアクセス手段の提供が課題となっています。そこで英国公文書館から Gollins 氏をお招きし,英国における資料保存について講演していただくと共に,国立情報学研究所から神門典子教授をお招きし情報検索技術の応用事例について講演していただきます。
 デジタル保存や資源発見,そして情報アクセス技術の開発・運用に関心をお持ちの方々のご参加をお待ちしております。なお,シンポジウムでは同センターの各研究部門の成果報告を合わせて行いますので,合わせてご覧いただければ幸いです。

日時:3月7日(月) 13:00-16:30
場所:筑波大学情報メディアユニオン2階情報メディアホール(筑波キャンパス春日地区)GooglrMap版へ
アクセス:
 筑波大学筑波キャンパスへは「筑波キャンパスへの交通アクセス」をご覧ください。
 利用停留所(関東鉄道バス):筑波大学中央行き又は筑波大学循環バス「筑波大学春日キャンパス
 つくばエクスプレス(TX)つくば駅徒歩7分
プログラム
○13:00-13:05 開会挨拶
 植松貞夫筑波大学図書館情報メディア研究科長
○13:05-14:05 招待講演
 講師:Timothy John Gollins 氏(英国公文書館デジタル保存・資源発見部門部門長)
 演題:Parsimonious Preservation in Perpetuity – Experiences and Observations of Digital Preservation at The National Archives(UK)
○14:05-15:05 招待講演
 講師:神門典子教授(国立情報学研究所情報社会相関研究系)
 演題:知的コミュニティ基盤としての検索技術:文化財ディジタルコンテンツ教育目的応用の事例を通して
○15:20-16:20 知的コミュニティ基盤研究センター成果報告と今後の展望
 ・知の共有基盤研究部門
 ・知の表現基盤研究部門
 ・知の伝達基盤研究部門
 ・知の環境基盤研究部門
○16:20-16:25 閉会挨拶
 田中和世知的コミュニティ基盤研究センター長
参加費:無料。どなたでも,自由に参加できます。
備考:詳細に関しては下記関連リンク「シンポジウム公式サイト
」をご覧ください。
問合せ:
 筑波大学知的コミュニティ基盤研究センター
 〒305-8550
  茨城県つくば市春日1-2
  筑波大学図書館情報メディア研究科内
  TEL.029-859-1524 FAX.029-859-1544
  E-mail:kc-office#@#slis.tsukuba.ac.jp(※「#@#」を「@」に置き換えてください。)

関連リンク

このページのトップへ