印刷

お知らせ・情報

筑波大学生命環境科学研究科シンポジウム“科学が次世代の全世代共同参画社会に貢献できること”

2011/03/07

 科学の目から見た人間の身体のシステムや,先端科学と人間生活との関わりのほか,次世代の全世代共同参画社会に貢献できる事柄などについて検討します。
 筑波大学関係者に止まらず,一般のどなたでも参加可能な進行にしておりますので,興味のある方は,是非,ご参加ください。

日時:3月7日 9:00-17:00
場所:筑波大学大学会館GooglrMap版へ
 ・ホール:講演・パネルディスカッション
 ・特別会議室:映像・展示
アクセス:
 筑波大学筑波キャンパスへは「筑波キャンパスへの交通アクセス」をご覧ください。
 利用停留所(関東鉄道バス):筑波大学中央行き又は筑波大学循環バス「大学会館前
プログラム:
  9:00 会場受付
  9:20 東照雄筑波大学生命環境科学研究科長挨拶
  9:30 講師:横谷(富田)香織講師(筑波大学生命環境科学研究科)
     演題:全世代共同参画社会を快適にできる科学
 ○科学の目から次世代社会に貢献できること
 *文化と科学を繋ぐ~女性の発想による新しい科学分野
  9:40 講師:桜井真樹子氏(コンポーザー・パフォーマー)
     演題:平安女性の声と舞い~声明と白拍子
 10:20 講師:松井るり子氏(文筆業・絵本評論家)
     演題:子を持って変わる身体と頭の使い方~絵本をとおして
 11:00 講師:跡見順子東京大学名誉教授
     演題:重力がそだてた体とこころ
 *先端科学と身近な生活
 13:40 講師:高垣洋太郎氏(東京女子医大元特任教授)
     演題:食と環境が遺伝子発現に与える影響
 14:20 講師:小竹敬久准教授(埼玉大学)
     演題:ポキポキ折れるイネとその原因遺伝子
 14:35 講師:吉田滋樹講師(筑波大学生命環境科学研究科)      演題:おいしさを作り出す微生物
 14:50 講師:南雲陽子助教(同)
     演題:機能分子を身近に役立てるために
 15:05 講師:新井真由美氏(筑波大学卒業生,日本科学未来館)
     演題:サイエンスと身近な生活を繋ぐ職場
 *将来の全世代共同参画社会への希望と夢
 15:25 パネルディスカッション「講演講師・学生・企業人らと語る」
 16:40 閉会挨拶:佐藤誠吾筑波大学生命環境科学研究科生物機能科学専攻長
 ○どこまで引き出せるか・・ビデオインタビュー(特別会議室で終日上映)
 *現在の状況・将来の夢
  学生の本音 教師の本音 企業の本音 ほか
参加費:無料。どなたでも参加できますので,奮ってご参加ください。
問合せ:生命環境科学研究科 横谷(富田)香織
     E-mail:kaboka#@#sakura.cc.tsukuba.ac.jp(「#@#」を「@」に置き換えてください。)

※シンポジウム終了後,懇親会を行います。どなたでも参加できますので,是非,ご参加ください。
 時間:17:30-20:30
 場所:筑波大学大学会館レストラン・プラザ
 参加費:学生500円,一般3‚000円

拡大版は,PDF資料をご覧ください。
拡大版は,PDF資料をご覧ください。

PDF資料

このページのトップへ