印刷

お知らせ・情報

BAMISカフェ Vol.006 「復興支援キャンプ 1日目」

2011/05/23

 「たくましい心を育むスポーツ科学イノベーション」を推進するBAMIS(Body And Mind Integrated Sports Sciences)プロジェクトのサイエンスカフェです。

 東日本大震災から2ヵ月が過ぎました。すでに多くの学生,先生方が支援活動されています。
 人的物的支援に関しては当然のことながら,研究教育機関として,筑波大学体育のそれぞれの専門分野を生かすことで,互いに連携し,体育全体で何らかの具体的な支援の輪が広がることができればと思っています。
 まずは,情報の共有から。現地の方への負担を極力少ない形を配慮しながら,具体的に必要されている問題に何らかの貢献をする方法を探りたいと思います。

日時:5月23日(月) 18:00-20:00
場所:筑波大学5C棟2階GooglrMap版へ(体育芸術学群学生交流スペース「体バチ」)
アクセス:
 筑波大学筑波キャンパスへは「筑波キャンパスへの交通アクセス」をご覧ください。
 利用停留所(関東鉄道バス):筑波大学中央行き又は筑波大学循環バス「筑波大学西
話題:
1 被災地からの声「今必要な支援と,将来的に必要とされる支援は何か」(スカイプにて被災地も参加)
2 既に現地入りし,支援活動をしている学生・教員からの報告
3 「学問と社会貢献活動をどう結び付けるか」学生の社会参加活動を促進するコーディネーターの視点
  復興のステップ,日頃からの地域との信頼関係の構築,連携組織の作り方,学問と社会貢献活動をどう結び付けるか,「つくば」の強みを活かした支援,今大学が求められていること
4 総合科目としてのボランティア活動と単位互換について
ゲストスピーカー:
 今回は,筑波学院大学の社会力コーディネーター,武田直樹さんを迎えます。
申込み:不要
参加費:無料
問合せ:筑波大学BAMIS推進室事務局 松田
    E-mail:matsuda.saho.ga#@#un.tsukuba.ac.jp(※「#@#」を「@」に置き換えてください。)
    TEL.029-853-6325

※武田直樹氏プロフィール
 筑波大学で都市計画,教育学を学び教育研究科修士課程修了。
 建設会社勤務後,特定非営利活動法人日本国際ボランティアセンタータイ事務所ボランティア,「24時間テレビ」チャリティー委員会カンボジア事務所代表として途上国の住民組織育成に携わる。
 2006年より筑波学院大学で実践しているオフ・キャンパス・プログラム「つくば市をキャンパス(学びの場)として,学生が社会参加活動を通して社会力を育成する体験学習プログラム」の大学と地域との橋渡し役となる社会力コーディネーターとして活動している。

拡大版は,PDF資料をご覧ください。
拡大版は,PDF資料をご覧ください。

PDF資料

このページのトップへ