印刷

お知らせ・情報

エネルギー環境学域講演会「福島事故における放射性物質の拡散予測と降下量推定」

2011/11/24

共催:筑波大学システム情報工学研究科エネルギー環境学域
   日本実験力学会流体可視化分科会
   日本混相流学会混相流のグラフィックシミュレーションと可視化研究会

日時:11月24日(木) 13:00-17:00
場所:筑波大学3B棟210GooglrMap版へ
アクセス:
 筑波大学筑波キャンパスへは「筑波キャンパスへの交通アクセス」をご覧ください。
 利用停留所(関東鉄道バス):筑波大学中央行き又は筑波大学循環バス「第三エリア前

講演内容
 13:00-13:10 はじめに(趣旨説明): 阿部豊(筑波大学)
 13:10-13:50 福島事故の推移について: 阿部豊(筑波大学)
 13:50-14:30 放射性物質の拡散予測について: 羽田野祐子(筑波大学)
 14:40-15:20 福島事故における放射性物質の降下量推定: 五十嵐康人(気象研究所)
 15:20-16:00 SPEEDI-2による汚染物質の拡散予測について: 茅野政道(JAEA)
 16:10-16:30 総合討論:羽田野祐子(筑波大学),五十嵐康人(気象研究所),茅野政道(JAEA)
 17:00-19:00 情報交換会(第3エリア食堂)
事前登録:不要
参加費:無料
問合せ:筑波大学システム情報工学研究科構造エネルギー工学専攻 文字秀明
    TEL.029-853-5061
    E-mail:monji#@#kz.tsukuba.ac.jp(※「#@#」を「@」に置き換えてください。)

このページのトップへ