印刷

お知らせ・情報

BAMISカフェ Vol.008 「大学と災害ボランティアと今日的課題」

2011/10/25

「たくましい心を育むスポーツ科学イノベーション」を推進する
BAMIS(Body And Mind Integrated Sports Sciences)プロジェクトのサイエンスカフェです。

筑波大からも個人的にあるいはグループで多くの学生ボランティアが被災地で活動をしています。
BAMISからも体操指導や高齢者の談話会サポートなど,特色を生かした活動で被災地支援に取り組んでいます。そこで今回は,日本スポーツボランティアアソシエーション理事であり,文教大学にてボランティア社会学を研究されている二宮雅也先生を迎え,「大学と災害ボランティアと今日的課題」について考えてみたいと思います。

○被災地へボランティアとして参加したいという学生のニーズに大学はどう対応するか?
○3.11以降の被災地ボランティアが抱える特殊性と大学との関係、その問題点とは?
○災害ボランティアと(スポーツ)ボランティアの違いについて
○学生ボランティアのあり方へのリフレキシヴ且つポジティヴな姿勢とは?

日時:10月25日(火) 17:00-18:30
場所:筑波大学5C棟 体育ギャラリーST"GoogleMap版へ"
アクセス:
 筑波大学筑波キャンパスへは「筑波キャンパスへの交通アクセス」をご覧ください。
 利用停留所(関東鉄道バス):筑波大学中央行き又は筑波大学循環バス「筑波大学西
話題:
 1 被災地へボランティアとして参加したいという学生のニーズに大学はどう対応するか?
 2 3.11以降の被災地ボランティアが抱える特殊性と大学との関係,その問題点とは?
 3 災害ボランティアと(スポーツ)ボランティアの違いについて
 4 学生ボランティアのあり方へのリフレキシヴ且つポジティヴな姿勢とは?
申込み:不要
参加費:無料
問合せ:筑波大学BAMIS推進室事務局 松田
    E-mail:matsuda.saho.ga#@#un.tsukuba.ac.jp(※「#@#」を「@」に置き換えてください。)
    TEL.029-853-6325

※二宮雅也氏プロフィール
 文教大学人間科学部人間科学科講師
 宮崎県延岡市生まれ。筑波大学大学院を修了。現在は文教大学人間科学部人間科学科講師。日本スポーツボランティアアソシエーション理事。本学で,「ボランティア論」の授業を担当しています。また,地域活性化の視点から,ボランティアと「新しい公共性」について研究しています。
 趣味:登山,ゴルフ,スキー,料理
 専門領域:健康社会学,地域活性学,スポーツ社会学,健康・スポーツ産業論

拡大版は,PDF資料をご覧ください。
拡大版は,PDF資料をご覧ください。

関連リンク

PDF資料

このページのトップへ