印刷

お知らせ・情報

第16回身心統合科学(BAMIS)セミナー  日本から世界へ「糖代謝研究の最前線」

2011/11/25

~骨格筋糖代謝の分子調節メカニズムホルモン,運動の役割に注目して~

日時:11月25日(金) 16:00-18:00
場所:筑波大学体芸地区 5C105 "GoogleMap版へ"
アクセス:
 筑波大学筑波キャンパスへは「筑波キャンパスへの交通アクセス」をご覧ください。
 利用停留所(関東鉄道バス):筑波大学中央行き又は筑波大学循環バス「筑波大学西
講師:坂本 啓 博士
   (英国ダンディー大学生命科学部英国医学研究会議 タンパク質リン酸化ユニット プログラムリーダー)
世話人:征矢 英昭
     TEL.029-853-2620 
参加費:無料,学内者は参加申込不要
問合せおよび学外からの参加申し込み:
     筑波大学「たくましい心育むスポーツ科学イノベーション」BAMISプロジェクト推進室
     TEL.029-853-6325
     E-mail:promotion office#@#bamis.taiiku.tsukuba.ac.jp(※「#@#」を「@」に置き換えてください。)

内容:
 糖質は私たちが生きるために必要不可欠なエネルギー(ATP)の基となる重要な栄養素です。貯蔵糖質である骨格筋のグリコゲンは,運動時に筋収縮のためのエネルギー基質として分解・利用され一旦減少し,運動終了後には再合成され,運動前の水準よりも高いレベルにまで回復(超回復)します。筋グリコゲンの減少と超回復は,トレーニングによる持久性パフォマンス向上の基盤となる現象として良く知られています。しかしながら,これらの現象を調節する分子メカニズムは未だ完全に明らかではありません。
 坂本啓博士は,骨格筋のグリコゲン合成調節に関する第一線の研究者です。最近では,インスリンや運動が骨格筋のグリコゲン合成を高める分子機構を『Cell Metab.』や『Diabetes』などの一流誌に多数報告されているだけでなく,米国生理学会や米国スポーツ医学会の若手研究者賞を数多く受賞されています。
 今回は,骨格筋糖代謝の分子調節メカニズムにおけるホルモンや運動の役割を分かり易くお話し頂く予定です。また,関連するテーマについて大学院生の発表も同時に行います。

拡大版は,PDF資料をご覧ください。
拡大版は,PDF資料をご覧ください。

関連リンク

PDF資料

このページのトップへ