印刷

お知らせ・情報

国際シンポジウム「行動神経科学の最前線」~睡眠の謎に挑む~

2012/03/19,20

国際シンポジウム「行動神経科学の最前線」~睡眠の謎に挑む~
International Symposium “Frontiers in Behavioral Brain Science” ~solving the mystery of sleep~

 筑波大学分子行動科学研究コアでは,内閣府による最先端研究開発支援プログラムにおいて採択された「高次精神活動の分子基盤解明とその制御法の開発」(中心研究者:筑波大医学医療系教授 柳沢正史)の推進にあたり国際シンポジウムを実施します。
 睡眠,サーカディアンリズムを中心とした脳科学分野に関して,第一線で活躍する国内外の研究者を一堂に集め,最新の研究紹介,意見交換を行います。当該分野にご興味のある研究者,技術者,学生の皆様の積極的な参加をお待ちしております。

日時:2012年3月19日(月)~20日(火)
会場:東京国際フォーラム・ホールD7(〒100-0005東京都千代田区丸の内3丁目5-1)
世話人:柳沢正史(医学医療系教授)
キーノート講演:
 Sydney Brenner (Salk Institute for Biological Studies‚ USA)
 Joseph Takahashi (University of Texas Southwestern Medical Center at Dallas‚ USA)

招待講演:
 Ravi Allada (Northwestern University‚ USA)
 Luis de Lecea (Stanford University‚ USA)
 Paul Franken (University of Lausanne‚ Switzerland)
 Robert Greene (University of Texas Southwestern Medical  Center at Dallas‚ USA)
 Philip Haydon (Tufts University‚ USA)
 Atsushi Miyawaki (RIKEN Brain Science Institute‚ JAPAN)
 Louis Ptáček (University of California‚ USA)
 Jason Rihel (University College London‚ UK)
 Takeshi Sakurai (Kanazawa University‚ JAPAN)
 Yuka Sasaki (Harvard University‚ USA)
 Paul Shaw (Washington University‚ USA)
 Mehdi Tafti (University of Lausanne‚ Switzerland)
 Hiroki Ueda (RIKEN Center for Developmental Biology‚ JAPAN)
 Yoshihiro Urade (Osaka Bioscience Institute‚ JAPAN)

言語:英語
参加費:無料
参加申込:事前web登録制。こちらからお申し込みください。
先着150名(定員になり次第、受付を終了いたします)
問合せ先: FiBBS2012 Organizing Committee
      E-mail:fibbs2012#@#un.tsukuba.ac.jp(「#@#」を「@」に置き換えてください。)

関連リンク

PDF資料

このページのトップへ