印刷

お知らせ・情報

158回保健・医療・福祉に関する勉強会

2012/05/15

演題:「マラソンの街・つくば」を夢みて

日時:5月15日(火) 18:30-20:30
場所:筑波大学総合研究棟D公開講義室(1F)GooglrMap版へ
 ※防犯の関係上,19:00以降は建物の正面入口がロックされます。スタッフにて出来うる限り入館対応を行いますが,なるべく19:00までにお越しくださるようお願いいたします。
アクセス:
 筑波大学筑波キャンパスへは「筑波キャンパスへの交通アクセス」をご覧ください。
 利用停留所(関東鉄道バス):
 ・筑波大学中央行き「平砂学生宿舎前
 ・筑波大学循環バス「平砂学生宿舎前」又は「天久保池
講師:筑波大学体育系教授 鍋倉賢治(なべくら よしはる)先生
概要:
 新緑の芽吹く5月。一年で最も爽やかに走れる季節の到来です。近年,マラソンブームの到来がにぎやかに喧伝され,実際に街には鮮やかなウェアで走るランナーが増えてきました。筑波大学が主催者となっている「つくばマラソン大会」も今年の秋で32回目の開催を迎え,今では1万6千名の参加者を集める人気大会となっています。
 人々を惹きつけるマラソンの魅力とは何か?本学学生を対象に開講している体育「つくばマラソン」のデータや自身の経験を基に,マラソンの本質を解き明かし,ランニングブームの背景について考えて行きます。「私も走ってみたい」と密かに思っている未来のランナーの背中を,そっと押せるような講演にできればと考えています。
 今回の勉強会では,筑波大学体育系教授 鍋倉賢治先生に「マラソンの街・つくば」を夢見ての演題で,お話していただく予定です。皆様のご参加を心よりお待ちしております。
その他:
 この講演会は日本プライマリ・ケア連合学会茨城県支部の後援を受けています。また,フロンティア医科学専攻の医科学セミナー4(高齢者医学)となっています。
連絡先:筑波大学医学医療系福祉医療学 柳 久子
     TEL/FAX.029-853-3496

このページのトップへ