印刷

お知らせ・情報

筑波大学公開講演会-世紀の大ニュース「ヒッグス粒子」って何? -

2012/09/01

【イベント名】
筑波大学公開講演会-世紀の大ニュース「ヒッグス粒子」って何? -

幻のヒッグス粒子,世界最強の加速器LHCでついに発見か?
現在の世界があるのも,ヒッグス粒子が他の素粒子に質量を与えたおかげ!
と言われても,加速器? 素粒子? 質量? ビッグバン? 対称性の破れ? 
ボゾン? あなたの疑問に,筑波大学の研究者が答えます!

【日時】
9月1日(土)13:30~15:30(開場12:45)

【会場】
筑波大学春日エリア 春日講堂GooglrMap版へ
アクセス:
 筑波大学春日エリアへは「筑波キャンパスへの交通アクセス」をご覧ください。
 利用停留所(関東鉄道バス):筑波大学中央行き又は筑波大学循環バス「筑波大学春日キャンパス
 つくばエクスプレス(TX)つくば駅徒歩7分

【対象】
中学生以上(保護者同伴の場合は小学生も入場可能です)

【プログラム】
13:30~14:10 講演1「素粒子の謎に迫る」 金 信弘(筑波大学数理物質系 教授)
14:10~14:50 講演2「ヒッグス粒子-質量はこうして生まれた-」 原 和彦(筑波大学数理物質系 准教授)
14:50~15:30 質問タイム

*事前登録・参加費 不要:定員250名(先着順)

問い合わせ先:筑波大学広報室
 TEL:029-853-2063
 E-mail:kohositu#@#un.tsukuba.ac.jp 
(※「#@#」を「@」に置き換えてください。)

拡大版は,PDFをご覧ください。
拡大版は,PDFをご覧ください。

PDF資料

このページのトップへ