印刷

お知らせ・情報

第5回バイオメディカルテクノロジーセミナー(第357回TSMMセミナー)「徹底した 抗体バリデーションを反映したタンパク実験のススメ 」

2012/09/27

第5回バイオメディカルテクノロジーセミナー(第357回TSMMセミナー)

演題:―徹底した 抗体バリデーションを反映したタンパク実験のススメ ―
演者:中村裕一 先生(CSTジャパン株式会社)
日時:9月27日(木) 17:00-18:30
場所:医学学系棟 4B482室
要旨: Cell Signaling Technology社の抗体は推奨プロトコールを使用することで抜群のパフォーマンスを発揮します!!
では何故,推奨プロトコールがベストなのか?
抗体バリデーション時の比較データから,実験の際のワンポイントなどを加えて,愉快に解説致します♪

本セミナーは人間総合科学研究科「医学セミナー」の単位に換算されます。また,TSMMセミナーは医科学セミナーIIに関連したセミナー(世話人:久武幸司)でもあります。

連絡先:医学医療系 分子薬理学 三輪佳宏(内線8392)
    筑波分子医学協会(TSMM) セミナー担当 川島明弘(内線3355)

このページのトップへ