印刷

お知らせ・情報

情報ひろばサイエンスカフェ「サイエンスとの〈対話〉は可能か?-3.11以後の社会を考える」

2012/09/28文部科学省

1.日時

2012(平成24)年9月28日(金曜日)19時00分~20時30分

2.場所

文部科学省情報ひろばラウンジ(旧庁舎1階)
文部科学省 情報ひろば ご利用・交通案内(※関連リンク「情報広場交通案内」をご覧ください)

3.テーマ

『サイエンスとの〈対話〉は可能か?―3.11以後の社会を考える』

 私たちの日々の暮らしは,さまざまなサイエンス(広い意味での科学・技術)に支えられています。ふだんはあまり意識しませんが,昨年の東日本大震災と東京電力福島第一原子力発電所事故以後,改めてサイエンスとのつきあい方を意識するようになったのではないでしょうか。
 ただ,放射能に対する不安や,食の安全,医薬に関する情報,あるいはこれからのエネルギー問題など,疑問に思ったことに適切な回答を得ることは,それほどたやすいことではありません。それには,適切な情報をほしいときに提供してくれる専門家の顔が見えないということも,関係しているのかもしれません。
 今回のサイエンスカフェは,私たちが普段の生活でサイエンスをうまく活用していくにはどうすればいいのか,あるいはどういう社会であればいいのかなどについて,フランクに話し合えればと思っています。講師の五十嵐さんは哲学・現代思想が専門ですが,つくば市を中心に哲学カフェを開催しています。
 サイエンスカフェは,もともとパリのカフェで行われていた哲学カフェを参考に始まったものです。その意味で,今回はサイエンスカフェの原点に戻り,参加者全員が普通の生活者の立場で,サイエンスとの関係を考えてみたいと思っています。
 多様なバックグランドの方々の参加をお待ちしています。

4.講師

講師 五十嵐 沙千子(筑波大学人文社会系准教授)

ファシリテータ  渡辺 政隆(日本学術会議連携会員,筑波大学広報室教授・サイエンスコミュニケーター)

5.参加申込について

 参加希望の方は氏名及び「9月28日サイエンスカフェ参加希望」と書いたEメールを,stw@mext.go.jp(@は小文字)あてに事前にお申込みください。登録は定員になり次第締め切らせていただきます。申込みは1人1通でお願いします。また,キャンセルされる場合は,同Eメールアドレスもしくは文部科学省基盤政策課サイエンスカフェ担当(03-6734-4191 平日9時30分~18時15分受付)にその旨連絡願います。 ※参加は無料です。

関連リンク

このページのトップへ