印刷

お知らせ・情報

2013年イグノーベル賞「タマネギ催涙成分合成酵素の発見と関連研究+受賞して感じたこと」

2014/01/16

開催日時: 2014年1月16日(木曜日),16:00から17:30まで

場所:       筑波大学 第二エリア  2B棟2B412教室 GooglrMap版へ
アクセス:
筑波大学筑波キャンパスへは「筑波キャンパスへの交通アクセス」をご覧ください。
利用停留所(関東鉄道バス):筑波大学中央行き又は筑波大学循環バス「筑波大学中央」下車

講演者:   今井真介 (ハウス食品株式会社)

概要:

人々を笑わせ,考えさせてくれるユーモアと独自性を兼ね備えた研究(業績)に対して贈られる賞に「イグ・ノーベル賞(Ig Nobel Prize)」があります。最近はテレビ等のニュースでも取り上げられ,この賞を誰もが耳にしたことがあると思いますが,2013年のイグ・ノーベル賞(化学賞)を本学出身の今井真介氏が受賞されました。そこで本セミナーでは,イグ・ノーベル賞に繋がった研究が始まったきっかけ,催涙因子を生成する新しい酵素の発見に加え,受賞式でのエピソードも交えながらご講演していただきます。また,ハウス食品株式会社に入社されてから取り組んでいらっしゃる面白い研究例も紹介していただきます。

 

主催:   生命環境科学研究科 生物圏資源科学専攻

(共催 生命環境学群 生物資源学類)

対象:   学類生,大学院生,教員等,一般の方の参加していただけます

参加費:  無料

問い合わせ先:

水田大輝

内線:029-853-2547

E-mail: mizuta.daik.ga#@#u.tsukuba.ac.jp

(#@#を@に置き換えてください)

関連リンク

PDF資料

このページのトップへ