印刷

お知らせ・情報

国際シンポジウム 2014 – Information Schoolの開発のこれまでとこれから

2014/03/24

2014年3月24日に筑波キャンパス春日エリアにおいて,国際シンポジウム 2014 -Information Schoolの開発のこれまでとこれから を開催します。参加申込は記事内関連リンクをご参照ください。

1990年代に始まる情報環境の大きな変化によって,図書館情報学における研究と教育は大きな影響を受けてきました。2000年代はじめに組織されたiSchoolsは,現在では40以上のメンバー校を数えるに至っています。Information Schoolはグローバルな環境の中で高い認知を得るまでに育ってきました。その一方,それぞれの大学が置かれる地域の環境は多様です。
本シンポジウムは,この20年余りの間に私たちが経験してきた変化を振り返り,information schoolとそこに繋がるいろいろなコミュニティの今後の発展のための議論をしたいと思います。また,これまでのinformation schoolの発展を間近で見て,発展に関与してこられた先生方による講演と,それに続くオープンな議論を計画しております。

日 時:2014年3月24日(月) 9:30-17:00
会 場:筑波キャンパス春日エリア情報メディアユニオンGooglrMap版へ(つくば市春日1-2)
アクセス:
筑波大学筑波キャンパスへは「筑波キャンパスへの交通アクセス」をご覧ください。

招待講演:1. Stephen Griffin (University of Pittsburgh, USA)
     2. Margaret Hedstrom (University of Michigan, USA)
     3. Jens-Erik Mai (RSLIS/University of Copenhagen, Denmark)
     4. Edie Rasmussen (University of British Columbia, Canada)
     5. Hao-ren Ke (National Taiwan Normal University, Taiwan)
     6. Chutima Sacchanand (Sukhothai Thammathirat Open University, Thailand)
参加費:無料
参加申込:事前申込(当日参加も可) ※詳細は下記PDF資料をご参照ください。

連絡先

知的コミュニティ基盤研究センター
TEL:029-859-1524
E-mail:kc-sympo2014#@#ml.cc.tsukuba.ac.jp(※「#@#」を「@」に置き換えてください。)

PDF資料

このページのトップへ