印刷

お知らせ・情報

講演会:世界銀行 復興と開発の70年とこれから -開発金融機関としての役割-

2014/10/29

このたび,人文社会科学研究科 経済・公共政策マネジメントプログラムでは,現在話題のグリーンボンド債なども手掛ける世界銀行財務局 資本市場部局長をお招きして講演会を開催することになりました。

ご多忙の折とは存じますが,貴重な機会ですので皆さまお誘いあわせの上ふるってご参加くださるようお願いいたします。

ご不明な点がございましたら,お気軽に担当者までご連絡ください。

**********************************

講演者:ドリス・ヘレラポール氏

邦 題:世界銀行 復興と開発の70年とこれから-開発金融機関としての役割-

※講演は英語で実施されますが,資料は日・英にて配布する予定です。お気軽にご参加ください。

日 時:10月29日(水)15:15~16:45

場 所:第三エリア 総合研究棟B-0112(1階)

講演者について:世界銀行ワシントン本部 財務局資本市場部局長。同部は世界銀行の基幹業務である「発展途上国への貸出」の原資となる資金調達(資本市場からの借入)を統括している。またワクチン債の発行体である「予防接種のための国際金融ファシリティ(IFFIm)」の資金調達も管轄している。

連絡先:029-853-6785(経済・公共政策マネジメントプログラム 荒木)

**********************************

Presenter:Ms. Doris A. Herrera-Pol

Theme: The World Bank since 1944: Reconstruction and Development -Role as an Development Financing Institution-

*Presentation would be given in English.

Venue:Laboratory of Advanced Research B 0112 (on the first floor), Area 3, University of Tsukuba

Introduction about Presenter: Doris Herrera-Pol is the Director and Global Head of Capital Markets of the World Bank Treasury. Her department is responsible for managing the Bank’s annual funding program in global capital and derivatives markets. It also carries out the financing program of the International Finance Facility for Immunization (IFFIm).

Contact: 029-853-6785 (ARAKI at Program in Economic and Public Policy Management)
**********************************

関連リンク

PDF資料

このページのトップへ