印刷

お知らせ・情報

平成27年度 筑波大学 藻類バイオマス・エネルギー大規模実証施設」 一般公開

2015/07/11

筑波大学では,「藻類バイオマスエネルギーの実用化事業」の一環として整備された「藻類バイオマス・エネルギー大規模実証施設」の一般公開を実施します。

日時:平成27年7月11日(土曜日) 10:00~15:00(12:00~13:00は除く)

場所:藻類バイオマス・エネルギー大規模実証施設


(つくば市栗原字下松見3894,3895,3998)GooglrMap版へ

 解説ツアー開始時刻:(1)10:00 (2)11:00 (3)13:00 (4)14:00
※各回1時間程度を予定しています。

この事業は,筑波大学が茨城県及びつくば市と共同で平成23年より実施している「つくば国際戦略総合特区」のプロジェクトの1つで,藻類から,燃料となるオイルや,化粧品などに用いることができるスクアレンという高価値な物質を生産する技術を確立し,新たな産業の創出を目指しています。

「藻類バイオマス・エネルギー大規模実証施設」は,農地においてオイル等の原料となる藻類の大量培養実験を行う施設です。平成26年3月24日に完成し,現在、実証実験を通した技術開発を進めているところです。

一般公開では,担当教員による解説ツアーやパネル展示,顕微鏡による藻類観察,本施設で生産された藻類産生オイルを混和した実証車両の展示などを予定しています。

皆様の参加をお待ちしています。

※事前申し込みは不要です。

問い合わせ先

筑波大学 藻類・エネルギーシステム研究拠点 渡邉信研究室

TEL:029-853-4566,6458

FAX:029-853-6458

PDF資料

このページのトップへ