印刷

お知らせ・情報

陽子線治療センター 公開セミナー「切らずに治すがん治療!~わかりやすい最先端放射線治療のはなし~」

2016/10/08 ※要事前申込み

 がんは男性が2人に1人,女性では3人に1人が発症すると言われるほど身近な健康課題となっています。がんの治療法は,手術,化学療法,放射線治療が3大治療法と言われていますが,アメリカではがん患者の65%が一次治療として放射線治療を選択しているのに対して、日本では25%程度とまだまだその理解が不足している傾向にあります。高齢化の進む日本において,体に負担の少ない放射線治療への需要は今後ますます増加すると考えられます。
 筑波大学附属病院では,がんに対して高度な治療を提供すべく,様々な治療法に取り組んでおり,特に陽子線治療は国内でも最も長い治療経験を有しています。この公開セミナーを通じて,放射線治療の認知と理解の向上を図り,いざというときの治療法の選択に活かしていただくことを願い,公開セミナーを企画・開催します。

日 時:2016年10月8日(土)14:00~16:00
場 所:雷5656会館(かみなりごろごろかいかん)ときわホール
     東京都台東区浅草3-6-1
参加費:無料
参加者:どなたでも(要事前申込み) ※下記PDF資料(ポスター)をご参照下さい。
講 演:「がんの放射線治療 ~ひとにやさしく,がんにきびしい~」
      櫻井 英幸(筑波大学附属病院 放射線腫瘍科 教授/陽子線治療センター部長)
    「陽子線治療 ~最先端の放射線治療~」
      沼尻 晴子(筑波大学附属病院 放射線腫瘍科 病院講師)

【問合せ先】
筑波大学附属病院 陽子線医学利用研究センター
TEL:029-853-7100
E-Mail:qa#@#pmrc.tsukuba.ac.jp(#@#を 「@」 に置き換えてください)

PDF資料

このページのトップへ