印刷

お知らせ・情報

ICT時代の「手術」の進化ワークショップ~SATテクノロジーショーケース受賞者研究課題から広がる世界~

2017/01/28 ※要事前申込

 つくば・サイエンスアカデミー(SAT)と平成28年度TIAかけはし採択課題「つくばに於ける研究連携の可視化と活性化を目指す『つくば連携支援ネットワーク』の構築」(筑波大学URA研究戦略推進室・KEK研究支援戦略推進部の共同提案)は,つくばを拠点とする研究のさらなる発展と人材育成の一助となることを目的に、SATテクノロジーショーケース受賞者から候補者を選び、候補者が培ってきた研究をさらに発展させるための活動に取り組みを開始しました。

 第1回目である今回は,SATテクノロジーショーケース(2016・2014・2013)の受賞者大城幸雄氏(筑波大学医学医療系)が医学・工学・芸術・産業など多彩な分野の連携で研究開発を行っている「3D-CGバーチャル手術シミュレーションユニット」にスポットを当て,研究者向けワークショップを開催します。登壇者とワークショップ参加者がそれぞれの専門の立場で,ともにICT手術の発展シナリオを自由闊達に想像・発言し,散りばめられるアイディアの中から,つくば発の新ICT医学のコンセプトが発信されることを目指します。

■日時 2017年1月28日(土) 13:00~17:00(開場12:30)

■会場 筑波大学 情報メディアユニオン 2階メディアホール(つくば市春日1-2)GooglrMap版へ
アクセス:「筑波大学筑波キャンパスへの交通アクセス」をご覧ください。
     つくばエクスプレス(TX)「つくば駅」から徒歩7分
利用停留所(関東鉄道バス):筑波大学中央行き又は筑波大学循環バス「筑波大学春日エリア前」

■参加費無料・要事前申込
 ※事前申込で定員に満たない場合のみ当日参加を受け付けます。

■主催 
筑波大学URA研究戦略推進室
高エネルギー加速器研究機構研究支援戦略推進部
(一財)茨城県科学技術振興財団 つくばサイエンス・アカデミー(SAT)
TIAかけはし課題「つくばに於ける研究連携の可視化と活性化を目指すつくば連携支援ネットワーク」

■申込方法 ウェブページから申込フォームを利用
http://ura.sec.tsukuba.ac.jp/archives/10335

関連リンク

PDF資料

このページのトップへ