印刷

お知らせ・情報

第431回TSMMセミナー(H28 第1回BMTセミナー)

2016/12/15

演題:島津製作所セミナー 

演者:杉田 哲佳 ,豊田 健一 (島津製作所)

日時:2016年12月15日(木)17:00-18:00

会場:健康医科学イノベーション棟 8階講堂GooglrMap版へ
アクセス:
 筑波大学筑波キャンパスへは「筑波キャンパスへの交通アクセス」をご覧ください。
 利用停留所(関東鉄道バス):筑波大学中央行き又は筑波大学循環バス「追越学生宿舎前」

要旨:
 再生医療の産業化に向けて,細胞培養加工施設における工程管理が必要とされており,最適な培養条件のコントロールや品質管理面での技術構築が急務となっています。これに対し当社では「測る技術」と「観る技術」で,良質な細胞の生産性向上に貢献することを目指した取り組みを進めております。そこで本セミナーでは「測る技術」として高速液体クロマトグラフ質量分析計(LC-MS)をベースとした培養上清の多成分モニタリングによる培養状態のマクロ管理,「観る技術」としてラベルフリーイメージングシステムをベースとした明視野定量解析による細胞状態のミクロ管理についてアプリケーションを交えながらご紹介します。
 1) 「測る技術」・・・ LC/MS/MSメソッドパッケージ細胞培養プロファイリングは,培養上清の多成分一斉分析により培養細胞の詳細な培養プロファイルを測定するプラットフォームです。1.17分間での95成分高速一斉分析,2.濃度レンジの広い培地の分析に特化したメソッド,3.Ready to Use Methodを主な特長として,抗体医薬,発酵,再生医療の各分野における細胞培養の最適化をサポートします。
 2) 「観る技術」・・・ラベルフリーイメージングシステムCell3iMagerシリーズは,培養プレートをセットし,スキャン・解析ソフトを実行するだけで,細胞の観察,形態の定量計測が可能なシステムです。1.高速ウェルプレートスキャン,2.広視野なラベルフリーイメージングシステム,3.細胞形態を定量化する様々な解析機能を有しており,創薬スクリーニング,再生医療研究,バイオ医薬品研究をサポートします。

*TSMMセミナーは,フロンティア医科学専攻(修士)「医科学セミナーII」(担当:久武幸司),生命システム医学専攻&疾患制御医学専攻(博士)「最先端医学研究セミナー」(担当:熊谷嘉人,島野仁)及び「医学セミナー」(担当:専攻各教員)の関連セミナーに相当します。

【筑波分子医学協会(TSMM)】
HP http://www.md.tsukuba.ac.jp/public/tsmm/
TSMMセミナー担当 筑波大学医学医療系 塩見健輔
Mail : kshiomi#@#md.tsukuba.ac.jp(#@#を 「@」 に置き換えてください)

PDF資料

このページのトップへ