印刷

お知らせ・情報

「リボーン・アートボール2017展」作品募集

2017/05/12(締切必着) ※展覧会2017/06/13~06/23

 2020年,東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。オリンピックはスポーツの祭典であると同時に,「芸術の祭典」でもあります。このイベントでは,使わなくなったボールをアートで再生(リボーン)させ,新しい命を吹き込みます。皆さんの自由な発想で,「アートとスポーツの関わり」を見つけ出してください。
 なお,この企画は「2020年東京オリンピック・パラリンピック」の「文化プログラム」参加への足がかりとするものです。

□募集内容:筑波大学の運動部などで使い古したボールに絵を描いたり,それらを使ったオブジェ作品を募集。画材・技法・テーマは自由。書,デザイン,イラスト,漫画も可。写真審査を経た入選作品(作品写真)と,優秀作品(ボール作品)は,筑波大学(6月上旬)他,国内3カ所で展示。    

□募集規定:作品用の廃ボールを希望する人は,下記メールに連絡して受け取ってください。お渡しできるのは,サッカー,バレー,バスケット,硬式野球などのボールです(一人2個まで。なくなり次第配布は終了します)。「マイボール」の使用も可です。※学外の方は「公募ガイド4月号」をご覧ください。
応募はまず写真で,制作前のボールの写真(1枚)と完成後のボール作品の写真(いろいろな角度から撮影したもの4枚以内)をそれぞれA4版にプリントして応募先に提出(計5枚以内)。
A4サイズの別紙に,氏名,所属,学年,連絡先(TEL,メールアドレス),技法,材料,ボールへの思いや思い出(100字以内)を記入して同封してください。応募点数は自由。

□応募先:〒305-8574 茨城県つくば市天王台1-1-1 筑波大学芸術系事務室
      「リボーン・アートボール2017展」担当  太田 圭メールボックスあて

□問い合わせ:
電話/fax 029-853-6374
メール ohta#@#geijutsu.tsukuba.ac.jp(#@#を 「@」 に置き換えてください)

□出品料:無料

□賞:サッカーショップKAMO賞(商品券10,000円を2名) 

□締切:5月12日(必着)

□発表:5月下旬,応募者にメール等で通知。入選者のうち優秀作品はボール作品の出品を依頼。
筑波大学総合交流会館で展覧会を開催(6月13日~6月23日)したあと,愛媛県美術館,三重県立美術館,エムウェーブ(長野県)等で巡回予定。

□諸権利:応募作品の著作権その他の諸権利は主催者に帰属する(ただし2020年東京オリンピック・パラリンピック終了時まで)。

□主催:筑波大学芸術系「リボーン・アートボール2017展」実行委員会
□後援:特定非営利活動法人日本スポーツ芸術協会
    サッカーショップKAMO
    独立行政法人 日本スポーツ振興センター
※ 「賞」と「後援」は今後増える予定です。 
※ 筑波大学生以外はお問い合わせください。 

このページのトップへ