印刷

お知らせ・情報

第5回オープンファシリティー研究機器共同利用説明会

2017/05/30

 筑波大学では教育研究を効率的に推進するため,全学の設備サポート整備を実施しております。

 オープンファシリティーシステムが稼動してから4年が経過し,お陰様で登録件数は,学内向けの共同利用機器153件・委託利用21件,一般向けの共同利用機器91件・委託利用15件に拡張されました。

 この度,より多くの皆様にオープンファシリティーの登録機器・登録業務を知っていただきたく,下記のとおり,第5回オープンファシリティー研究機器共同利用説明会を開催することとなりましたのでご案内申し上げます。

 本年度の説明会では,オープンファシリティーの利用概要説明に加えて,ライフサイエンス分野,ものづくり分野,汎用分析分野,ナノテク/半導体分野における研究機器紹介も行う予定です。

 多くの皆様のご参加をお待ちしております。宜しくお願い申し上げます。
 
               

<研究機器共同利用説明会> *申込不要*
【日  程】平成29年5月30日(火)10時10分~12時00分

【開催場所】筑波大学 総合研究棟B棟1階 公開講義室110 GoogleMap版へ
アクセス:
 筑波大学筑波キャンパスへは「筑波キャンパスへの交通アクセス」をご覧ください。
 利用停留所(関東鉄道バス):筑波大学中央行き又は筑波大学循環バス「第一エリア前」下車

【対  象】学内の方・一般の方(どなたでも参加可)

【開催概要】
1.開会・挨拶
   研究担当副学長 木越 英夫
2.オープンファシリティーの成果と今後の方向
   オープンファシリティー推進室長 新井 達郎
3.オープンファシリティーWEB システムの利用方法及び利用状況報告
   オープンファシリティー推進室 連携スタッフ 佐々木 絢子
4.学内及び⼀般の方が利用可能なオープンファシリティー研究機器の紹介
  <ライフサイエンス 分野>   
   医学共通機器室の機器紹介   
   医学共通機器室 技術専門官 秋山 佳代   
  <ものづくり 分野>   
   研究基盤総合センター工作部門・医学工作室の機器及び業務の紹介   
   研究基盤総合センター 准教授 堀 三計   
  <汎用分析 分野>   
   研究基盤総合センター分析部門の機器紹介   
   研究基盤総合センター 副センター長 中谷 清治   
  <ナノテク / 半導体 分野>   
   数理物質系微細加工ナノテクプラットフォームの機器紹介   
   数理物質系 教授 末益 崇   
5.利用コンサル・デスク 

【お問合せ】
筑波大学 研究基盤総合センター オープンファシリティー推進室
Tel:029-853-2486
Email: of-staff#@#openfacility.sec.tsukuba.ac.jp
(※「#@#」を「@」に置き換えてください。)

関連リンク

PDF資料

このページのトップへ