印刷

お知らせ・情報

第119回WPI-IIISセミナー

2017/11/06

日 時:平成29年11月6日(月) 12:00-13:00

場 所:筑波大学 医学系エリア 睡眠医科学研究棟 1F 講堂 GooglrMap版へ
アクセス:「筑波キャンパスへの交通アクセス」をご覧ください。
利用停留所(関東鉄道バス):筑波大学中央行き又は筑波大学循環バス「追越学生宿舎前

演 者: Dr. Young-Jai You
      Neuroscience Institute, Graduate School of Science, NagoyaUniversity
     (名古屋大学大学院理学研究科附属ニューロサイエンス研究センター)

演 題:“Falling asleep after a big meal: Satiety quiescence in C. elegans “

要 旨: Sleep and feeding could be intimately connected; Circadian rhythm is regulated by feeding cues and perturbation of the rhythm is often associated with obesity. Orexin regulates both sleep and feeding. Why and how? We found C. elegans shows a conserved postprandial sleep-like behavior, called satiety quiescence. By studying the genetics and the circuit of satiety quiescence, we aim to understand how sleep is regulated by feeding and metabolism.

詳細はこちらからもご覧になれます:http://wpi-iiis.tsukuba.ac.jp/japanese/seminar

問い合わせ:国際統合睡眠医科学研究機構 029-853-8080(内線8080)

PDF資料

このページのトップへ