印刷

お知らせ・情報

第440回TSMMセミナー(H29 第2回BMTセミナー)

2017/12/18

演者:
 渡辺 一樹(島津テクノリサーチ)
 齊木 秀和(島津製作所)

日時:2017年12月18日(月)17:00-18:00

会場:健康医科学イノベーション棟 8階講堂 GooglrMap版へ
アクセス:「筑波大学筑波キャンパスへの交通アクセス」をご覧ください。
利用停留所(関東鉄道バス):筑波大学中央行き又は筑波大学循環バス「追越学生宿舎前

受託分析のご紹介

近年、LC-MS・GC-MS・MALDI-MSを中心とした質量分析器の開発,普及により,それらを強力なツールとして網羅的解析(オミクス)の発展が目覚しい状況にあります。島津テクノリサーチは,これらのMSを用いたメタボロミクス・リピドミクス・プロテオミクス受託と,そこから見出される注目化合物の定量=バイオアナリシスを担うことができる受託機関です。今回は,それらのサービスを簡潔にご紹介致します。

探針エレクトロスプレーイオン化質量分析計(DPiMS-2020)

クロマト分離を伴う質量分析を行なう場合、通常はサンプルに含まれるタンパク質や塩などの夾雑物を予め取り除く前処理が 必要になり,すぐに分析を開始することはできません。DPiMS – 2020は,それらの煩わしい前処理をほぼゼロにして、サンプルから直接質量分析が可能になります。さらに同一サンプルにおける長時間分析が可能であることから,化学合成等の反応過程の質量情報をリアルタイムで追跡できる画期的な装置です。今回は,本装置の概要とアプリケーション例をご紹介します。

*TSMMセミナーは、フロンティア医科学専攻(修士)「医科学セミナーII」(担当:久武幸司),生命システム医学専攻&疾患制御医学専攻(博士)「最先端医学研究セミナー」(担当:熊谷嘉人,島野仁)及び「医学セミナー」(担当:専攻各教員)の関連セミナーに相当します。

【筑波分子医学協会(TSMM)】
HP http://www.md.tsukuba.ac.jp/public/tsmm/

TSMMセミナー 協会代表:筑波大学医学医療系 大根田 修
TSMMセミナー担当 筑波大学医学医療系 濱田理人

PDF資料

このページのトップへ