印刷

お知らせ・情報

nano tech2018に出展

2018/02/14-16

国際産学連携本部では,企業とのマッチング促進のため,nano tech展(国際ナノテクノロジー総合展・技術会議)に出展しています。nano tech(国際ナノテクノロジー総合展・技術会議)は,様々な分野からナノテクノロジーに関連した技術や研究についての展示が行われる総合展示会です。本学は,TIA,NBCIとの共同ブースとして出展し,数理物質系から4件の研究についてポスター展示を行います。ご来場の際は,ぜひ本ブースへお立ち寄りください。
今年度の概要と出展者は以下の通りです。

□イベント概要
 イベント名:nano tech 2018
 会期:2018.2.14(水)-16(金) 10:00~17:00
 場所:東京ビッグサイト 東4・5・6ホール&会議棟
 イベントHP: http://www.nanotechexpo.jp/main/index.html
 入場料:3000円(事前登録した場合は無料)

□筑波大学出展ブース
 小間番号: 5S-28 TIA/ナノテクノロジービジネス推進協議会(NBCI)/ 筑波大学(計18小間)

□出展代表研究者/出展内容
 ◎山本洋平(数理物質系・准教授)/共役ポリマーの自己組織化と電子・光機能の発言,機能性ペプチドの自己組織化などについて
 ◎所裕子(数理物質系・准教授)/熱エネルギーを保持する蓄熱セラミックスの開発
 ◎近藤剛弘(数理物質系・准教授)/新しいシート状物質:ホウ化水素シート「ボロファン」
 ◎笹公和(数理物質系・准教授)/宇宙用素子照射試験装置,構造材料用マイクロイオンビーム分析装置

関連リンク

このページのトップへ