印刷

お知らせ・情報

第193回 保健・医療・福祉に関する勉強会/日本プライマリ・ケア連合学会 単位認定講座

2018/03/05

「災害時の精神医療対応について ~災害派遣精神医療チーム(DPAT)の現在~」

高橋 晶 先生
筑波大学医療医学系 災害・地域精神医学 准教授
茨城県立こころの医療センター 地域・災害支援部長・室長

平成30年3月5日(月)18:30~20:30

筑波大学総合研究棟D 公開講義室(1F) GooglrMap版へ
 ※防犯の関係上,19:00以降は建物の正面入口がロックされます。スタッフにて出来うる限り入館対応を行いますが,なるべく19:00までにお越しくださるようお願いいたします。
アクセス:「筑波大学筑波キャンパスへの交通アクセス」をご覧ください。
利用停留所(関東鉄道バス):・筑波大学中央行き「平砂学生宿舎前
              ・筑波大学循環バス「平砂学生宿舎前」又は「天久保池

東日本大震災,常総市水害,熊本地震,その他多くの災害が日本で起こっている。
東日本大震災におけるこころのケアの問題点として,急性期支援の問題,指示統括の問題,平時の準備体制の不備があげられる。この点に対応した形で平成25年4月,厚生労働省は災害派遣精神医療チーム(Disaster Psychiatric Assistance Team:DPAT)の定義を定め,現在,全国的な規模で,その整備が始まっている。
茨城県においても,整備が行われている。DPAT の概略を報告し,現在の災害精神医学,保健体制についてお話したい。
今回の勉強会では,筑波大学医学医療系准教授 高橋晶先生に「災害時の精神医療対応について ~災害派遣精神医療チーム(DPAT)の現在~」の演題で,お話していただく予定です。事前申し込みの必要はございません。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

この講演会は日本プライマリ・ケア連合学会茨城県支部の後援を受けています。
この講演会に参加されますと,日本プライマリ・ケア連合学会 専門医・認定医2単位と認定薬剤師1単位が取得できます。
またフロンティア医科学専攻の医科学セミナー4(高齢者医学)の一部となっています。

連絡先:筑波大学医学医療系
福祉医療学
柳 久 子
TEL&FAX : 029-853-3496

PDF資料

このページのトップへ