印刷

お知らせ・情報

芸術支援研究会 多様な関わりがつくる美術館のかたち 水戸芸術館現代美術センターの教育プログラムから

2018/07/26

・講演:森山純子 
     水戸芸術館現代美術センター・教育プログラムコーディネーター
・モデレーター:林 剛人丸(アーティスト,筑波大学)

・日時:2018年7月26日(木)18:15-19:15

・場所:筑波大学芸術学系棟 B203 GoogleMap版へ
アクセス:
 筑波大学筑波キャンパスへは「筑波キャンパスへの交通アクセス」をご覧ください。
 利用停留所(関東鉄道バス):筑波大学中央行き又は筑波大学循環バス「筑波大学西

聴講自由

現代美術に特化したユニークな企画展で注目される水戸芸術館現代美術センターは,変化に富んだ教育プログラムを実践していることでも知られています。アーティストワークショップ,高校生ウィーク,視覚障害者との鑑賞体験「セッション!」,国内でいち早く組織されたボランティア活動など,同センターが展開してきた様々な取り組みと人々との関わりについて,開館以来,教育プログラムを担当されてきた森山さんからお話しいただきます。

関連リンク

PDF資料

このページのトップへ