印刷

お知らせ・情報

ユルゲン・コッカ氏講演会「仕事と家族の関係はどう変わったのか。ドイツの歴史から考える」

2018/10/06

国際歴史学会会長,ベルリン比較ヨーロッパ史研究所所長,ベルリン社会科学研究所所長を歴任した世界的な歴史学者が,仕事と家族の関係の長期的な歴史的変化について語ります。

日時:2018年10月6日(土) 14時~16時

場所:筑波大学東京キャンパス  119室 GooglrMap版へ 
 (交通案内:東京メトロ丸ノ内線 茗荷谷駅下車 徒歩5分)

14時~15時
Prof. Dr. Dr.h.c.mult. Jürgen Kocka 氏講演
(ベルリン・フンボルト大学国際労働史研究所, re:work, Humboldt University Berlin)
日独通訳 相澤啓一筑波大学教授

15時~16時
コメントと質疑応答
コメンテーター 姫岡とし子 (元筑波大学教授、前 東京大学文学部教授・日本ドイツ学会理事長)

参加費無料,募集70名(一般,研究者,学生・院生)

主催:日本学術振興会科学研究費プロジェクト(研究代表者:田中洋子)

後援: 筑波大学ボン・オフィス,筑波大学人文社会国際比較研究機構,日本ドイツ学会

協力 : フリードリヒ・エーベルト財団

本講演会は筑波大学研究基盤支援プログラム及びJSPS 科研費 26301030 の助成を受けています。

PDF資料

このページのトップへ