印刷

お知らせ・情報

筑波大学哲学・思想学会第39回学術大会

2018/10/20

10月20日(土)9時半より,筑波大学哲学・思想学会第39回学術大会を開催いたします。今回は,藤田正勝先生(京都大学名誉教授)をお招きし,ご講演いただく予定です。また,下記の研究発表も予定しております。皆様ふるってご参加ください。

◇日時:10月20日(土)9時半~
◇会場:人文社会学系棟A101GooglrMap版へ
アクセス:「筑波大学筑波キャンパスへの交通アクセス」をご覧ください。
利用停留所(関東鉄道バス):筑波大学中央行き又は筑波大学循環バス「第一エリア前又は筑波大学中央」下車
◇参加費:無料(懇親会参加費:4,000円)

プログラム

研究発表

【午前】9:30~11:50

(9:30~10:05)田村 歩(筑波大学大学院)
・デカルトにおける意志の自由と経験 ―意志の自由が要請される二つの側面―

(10:05~10:40)牧野 静(筑波大学大学院)
・宮沢賢治の菜食主義 ―同時代との比較から―

(10:40~11:15)馬場 美奈子(筑波大学大学院)
・後期ウィトゲンシュタインと「生の問題」 ―日記的遺稿の分析を通して

(11:15~11:50)石田 隆太(日本学術振興会特別研究員PD/慶應義塾大学)
・諸天使の種別化とフランシスコ・スアレス

【午後】13:00~14:45
(13:00~13:35)谷口 智子(愛知県立大学)
・「囲いに入れられた神」と「赤く顔を塗られた神」 ― 16 世紀ペルー副王領におけるタキ・オンコイの謎を解く―

(13:35~14:10)武藤 亮飛(新日本宗教団体連合会事務局)
・宗教間の交流・対話・協力の発生と発展についての一考察 ―地域レベルでの実践を事例に―

(14:10~14:45) 檜垣 良成(筑波大学)
・カントと普遍性

公開講演会
15:30~17:00
藤田 正勝先生(京都大学名誉教授)
・言葉と沈黙

懇親会
17:20~19:30

主催

筑波大学哲学・思想学会

問い合わせ

筑波大学哲学・思想学会事務局
utpa♯@♯logos.tsukuba.ac.jp(♯@♯を「@」に置き換えてください)

PDF資料

このページのトップへ