印刷

お知らせ・情報

先導的研究者体験プログラム(ARE)10周年記念シンポジウム

2018/10/23

平成21年度に「理数学生応援プロジェクト」を受けて「先導的研究者体験プログラム(ARE)」が始まってから今年度で10周年となることを記念しAREの活動とその効果を振り返るシンポジウムを開催いたします。
本シンポジウムでは,AREの第一期生にあたる落合陽一准教授による「日本再興戦略」講演をはじめ,AREに参加した学生,卒業生4名にAREについて語ってもらい,理数学生応援と高大接続の今後について考えます。

【開催日時】平成30年10月23日(火) 14時~17時
【開催場所】筑波大学 東京キャンパス文京校舎 134講義室
         http://www.tsukuba.ac.jp/access/bunkyo_access.html
【プログラム】
 13:30 受付開始
 14:00 挨拶 佐藤 忍 副学長
 14:05 挨拶 西岡牧人 代表(理工学群長)
 14:10 ARE10年の実績報告 白川友紀特命教授
 14:40 休憩
 14:50 AREを振り返って(卒業生,関係者)
     落合陽一氏「日本再興戦略」
     守屋恵美氏「所属を考える ―研究対象とは何か考えたARE3年間より―」
     諸戸雄治氏「綺麗で高速なBokehを求めて ~AREその後の1年」
     金 成翔氏「バカは死んでも治らない」
 16:00 休憩
 16:10 評価委員と発表者,プログラム関係者の対談
     会場からの質問とプログラム関係者からのコメント
 17:00 閉会
 
※ 録画,録音,ならびに写真撮影はお断りいたします。

【募集対象者】理数学生応援,高大接続,大学教育改革,サイエンスコミュニケーションに関心のある方。

【募集人数】180名

【参加費用】無料

【申込方法】以下のフォームからお申し込みをお願いいたします。
      https://ws.formzu.net/fgen/S30188436/

【申込締切日】満席になり次第締切ります。

【お問い合わせ先】筑波大学先導的研究者体験プログラム(ARE)事務局
〒305-8573 茨城県つくば市天王台1丁目1-1
筑波大学システム情報エリア支援室内 研究交流室
TEL/FAX:029-853-8284
E-mail:are#@#un.tsukuba.ac.jp(#@#を 「@」 に置き換えてください)

PDF資料

このページのトップへ