印刷

お知らせ・情報

日本学術振興会二国間交流事業セミナー 第3回行動神経内分泌学の最前線に関する日中シンポジウム

2019/03/20-22

様々な社会的変革が、日本、中国の両国において社会性の変容や崩壊を引き起こしている現実を背景に、社会行動や社会性の脳基盤に関する研究の重要性が増大している。本セミナーは、我が国において、脳に作用する様々なホルモンによる行動の制御・調節の機構や、ホルモンによる神経ネットワークの構築、維持、変容の過程についての研究を推進している「行動神経内分泌研究者」が集結し、中国の行動科学研究者との交流を図る。2つの特別講演、7つのテーマ講演セッションに加え、Data Blitz、ポスター発表、フリーディスカッションセッションなどを通して、現代社会が抱える「心の絆」の欠落に起因する諸問題の解決に向けた、協働的、継続的な研究者ネットワークの形成、確立を目指す。

主催:筑波大学人間系行動神経内分泌学研究室 小川園子教授
共催:筑波大学人間系海外教育研究ユニット(Center for Social Neural Networks:Young Lab East)

日時:2019年3月20日(水)11:00~22日(金)13:00 (初日10:30 受付開始)
場所:筑波大学総合研究棟D 1階 公開講義室116GooglrMap版へ
アクセス:
 筑波大学筑波キャンパスへは「筑波キャンパスへの交通アクセス」をご覧ください。
 利用停留所(関東鉄道バス):
 ・筑波大学中央行き「平砂学生宿舎前
 ・筑波大学循環バス「平砂学生宿舎前」又は「天久保池

プログラム

Day 1:March 20, 2019 (Wednesday)

10:30am〜 Registration, Poster Mounting
11:00am – 11:20pm
 Opening Session: Introduction to the 3rd Sino-Japan Meeting  
11:20am – 12:00pm
 Opening Lecture
12:00am – 1:20pm
 Make Connection Lunch Meeting and Poster Viewing
1:20pm – 2:00pm
 Special Lecture
2:00pm – 4:00pm
 Symposium Session 1:
   Neuroendocrine basis of development of neural networks for sex-specific behavior
4:20pm – 6:00pm
 Symposium Session 2:
   Neuroendocrine basis of aggressive and conflict behavior
6:00pm – 8:00pm
 Data Blitz by Poster Presenters followed by a Poster Session

Day 2:March 21, 2019 (Thursday)

9:00am – 11:00pm
 Symposium Session 3:
   Neuroendocrine basis of affiliative behavior
11:00am – 12:00pm
 Poster Session: Free discussion and evaluation of young investigator
12:00am – 1:00pm
 Meet Professors Lunch Meeting
1:00pm – 3:00pm
 Symposium Session 4:
   Effects of early environment and experience on development of neuronal networks and behavior
3:00pm – 4:40pm
 Symposium Session 5:
   Neuroendocrine basis of various types of social communication
5:20pm – 7:00pm
 Symposium Session 6:
   Neuroendocrine basis of stress, anxiety, fear responses, learning
7:00pm – 9:00pm
 Reception and Award Presentation

Day 3:March 22, 2019 (Friday)

9:00am – 11:00am
 Symposium Session 7:
   New analysis tools for behavioral neuroendocrinology research in field vs laboratory studies
11:00am – 12:30pm
 Panel Discussion:Future China-Japan collaboration in the field of behavioral neuroendocrinology
12:30pm
 Closing Session: Plan for the next meeting

PDF資料

このページのトップへ