印刷

お知らせ・情報

シンポジウム「正規・非正規の構造変化と雇用の未来〜日本とドイツの比較から考える〜」

2019/03/03

働き方改革関連法の2019年4月の施行で、日本人の働き方はどう変わるのだろうか。
安倍首相が強調したように「非正規雇用を過去のものに」できるのか。
日本と同じように正規・非正規構造が生まれたドイツとの比較を通じ、
小売や介護分野を含めた正規雇用・非正規雇用の過去・現状・未来を考える。

【報告者】
 ハルトムート・ザイフェルト(経済社会研究所前所長、労働政策研究・研修機構海外情報協力員)
 ヴォルフガング・シュレーダー(カッセル大学社会学部教授)
 三山 雅子(同志社大学社会学部教授)
 田中 洋子(筑波大学人文社会系教授)

【日時】2019年3月3日(日)14時~17時

【場所】筑波大学東京キャンパス(茗荷谷駅徒歩5分) 119講義室 GooglrMap版へ 
 (交通案内:東京メトロ丸ノ内線 茗荷谷駅下車 徒歩5分)

【参加費】参加費無料・通訳付き

【お問合せ】田中洋子(筑波大学人文社会系教授)
       tanaka.yoko.ft#@#u.tsukuba.ac.jp(#@#を 「@」 に置き換えてください)

主催:筑波大学研究基盤支援プログラム(研究代表者:田中洋子)
共催:筑波大学人文社会国際比較研究機構、筑波大学ボン・オフィス
後援:日本ドイツ学会、社会政策学会 非定型労働部会 ジェンダー部会
協力:フリードリヒ・エーベルト財団、ドイツ日本研究所

PDF資料

このページのトップへ