印刷

お知らせ・情報

第3回EAJS日本会議

2019/09/14-15

1970年代より、ヨーロッパ日本研究協会(EAJS)は、3年に一度ヨーロッパ各地で学術会議を開催してきました。さらにEAJSは、2013年の京都大学での大会を皮切りに日本会議の開催をスタートし、2016年は第2回を神戸大学で開催、そして今年2019年に第3回のEAJS日本会議を筑波大学で開催する運びとなりました。

開催日時:2019年9月14-15日

開催場所:筑波大学(第1エリア)GooglrMap版へ
アクセス:「筑波大学筑波キャンパスへの交通アクセス」をご覧ください。
利用停留所(関東鉄道バス):・筑波大学中央行き「第一エリア前
              ・筑波大学循環バス「第一エリア前」又は「大学公園

主催:ヨーロッパ日本研究協会/筑波大学人文社会系

プログラム:
9月14日  9:00-9:15 開会式
     9:15-11:00 基調講演
        マーク・ハドソン「歴史に反する島々?日本列島の初期グローバル化」
        小林康夫「日本を解き放つ―3点測量の日本文化論へ」
     11:15-13:15 パネルセッション
     13:15-14:15 昼食
     14:15-18:30 パネルセッション
     19:00-21:00 懇親会
9月15日  9:00-13:15 パネルセッション
     13:15-14:15 昼食
     14:15-18:30 パネルセッション

お問合せ先:eajs.japan2019#@#gmail.com (#@#を「@」に置き換えてください)

関連リンク

PDF資料

このページのトップへ