印刷

お知らせ・情報

第56回筑波大学人間系コロキアム

2019/10/09

 筑波大学人間系では、活動の一環として平成24年度より「人間系コロキアム」を開催しています。
 今年度5回目の開催となる本コロキアムでは、人間系教員の石塚祐香先生による講演会を予定しています。
 教員、大学院・学類学生、その他、広く多くの方々のご参加をお待ちしております。

日 時: 2019年10月9日(水)12:15~13:15
場 所: 筑波大学 文科系修士棟8B210  GooglrMap版へ
アクセス:「筑波大学筑波キャンパスへの交通アクセス」をご覧ください。
利用停留所(関東鉄道バス):筑波大学中央行き又は筑波大学循環バス「筑波大学中央」下車

講 演: 「自閉スペクトラム症児に対する模倣を基軸とした言語発達支援と評価」     
         筑波大学人間系 石塚祐香

講演内容:
 米国疾病予防管理センターの最新データによると、自閉スペクトラム症(Autism Spectrum Disorder: ASD)児は59人に1人の割合であり、10年前よりも2倍以上の増加傾向にある(CDC, 2018)。さらにそのうち約半数以上のASD児は言語の発達に遅れがみられる(e.g., Carlsoon et al., 2013; Rose, Trembath, & Paynter, 2016)。応用行動分析学に基づく言語発達支援は、「話す」「読む」など多様な言語行動の成立と拡張を目指してきた。様々な言語行動を促すには、大人(セラピスト・保護者)と子どもの「相互作用(reciprocal interaction)」を成立させることが必要不可欠である。しかし相互作用が成立するまでのプロセスや、ASD児が相互作用の中で言語を獲得するための条件は十分に明らかになっていない。相互作用の成立の基盤にあるのは「模倣 (imitation)」であり、定型発達児に限らずASD児の相互作用を促進すると考えられている。本発表では、ASD児に対する模倣を基軸とした言語発達支援に関する研究を紹介し、模倣が発達の基盤になることを報告する。

プログラム: 12:15〜13:15  講演・質疑応答

主催:筑波大学人間系・研究戦略委員会

問い合わせ先:筑波大学人間エリア支援室研究支援係
(ningen-kenkyu#@#un.tsukuba.ac.jp)
※「#@#」を「@」に置き換えてください。

関連リンク

PDF資料

このページのトップへ