印刷

学群・大学院

学群・学類(学士課程)一覧
医学群

写真

医学類,看護学類,医療科学類の3学類があります。何れの学類でも医療職を目指して,それぞれの国家資格(医師,看護師,各種の医療検査技師など)を取得すべく勉学に励みます。 これまで高い合格率を誇っています。医療や医学研究にあっては考え方が日々変化し,知識量も急激に増大しています。
「自分で問題を考え,解決する」力と方法を習得して,医療現場で適切に諸問題を解決する能力を養うことを目標にしています。

学群サイト

医学類 学類HP

教育目標

卒業の時点で基本的な臨床能力を備えかつコミュニケーションを通して,全人的医療を行える良医の育成を目標とします。将来すぐれた医師(一般臨床医・専門医)医学研究者,行政官として,医療・保健・福祉の様々な分野で,わが国のみならず世界の人々に貢献する人材を育成する。

医学類は,21世紀に向けて社会の要請に応えうる医師の養成を目標として,新しい医学教育を行っています。さらに,医師は,病気の治療・予防や健康の保持・増進という問題に,生涯にわたって取り組んでいかなければなりませんし,その点で大変やりがいのある専門的職業です。医師の対応する問題には身体的のみならず精神的・社会的な要素も含まれています。このため医師には,医学や自然科学だけでなく,人文・社会科学にわたる知識と洞察に基づいて問題を解決する能力も要求されます。本学類ではこのような医学・医療と社会の要請にかんがみ,卒業の時点で学生が基本的臨床能力と基礎的研究能力を備えていることを目標としています。

医療科学類 学類HP

教育目標

医学・医療の様々な分野で活躍するために必要な医科学の基礎的な知識,技能を 修得し,医療人としての使命感と責任感を身に付け,将来,医療の向上と発展に 貢献する医科学領域の研究・教育を推進する人材,また診断や治療に必要な新た な技術の開発とその実践に関わって高度専門医療を担う人材を育成する。

資格とカリキュラム

4年の間には,臨床検査学の各科目をコアとして,広く医科学を学びます。卒業時には,臨床検査技師の国家試験受験資格が得られます。臨床検査技師を対象とする認定資格には細胞検査士(1年間養成校に通います),さらに臨床検査技師が資格要件となるものには超音波検査士,臨床工学技士,健康食品管理士,治験コーデイネーターなどがあります。

 

看護学類 学類HP

教育目標

科学性と共感性を基盤とした看護学の専門能力を身に付け,保健,医療,福祉,教育,心理など多職種チームの一員として人々の健康生活の向上や改善を図り,広く人類のウェルビーイングに貢献できる人材を育成します。また,教育者,研究者,管理者としてそれぞれの専門分野で指導的役割を担い,国内はもとより世界で活躍できる人材の育成を目指します。

資格とカリキュラム

4年の間には,幅広い教養と深い人間理解の上に,看護学とその技術を学びます。卒業要件を満たすと,看護師国家試験受験資格が得られます。さらに保健師コースを選択(選抜制)すると保健師国家試験受験資格が得られます。また養護教諭コースを選択(選抜制)すると養護教諭一種免許の申請が可能となります。卒業後には,医療機関における仕事だけではなく,保健(学校保健や産業保健など)や福祉分野において,人々の健康生活の維持・増進に関わる幅広い分野の仕事に就くことができます。

このページのトップへ