印刷

広報・情報公開

修学支援等に関する情報の公開
経済的負担の軽減のための措置等に関する情報(大学院)

入学料・授業料の免除制度

入学料・授業料免除

経済的理由によって納付が困難であると認められる者、その他やむを得ない事情があると認められる者に対し、入学料又は授業料の全部若しくは一部の免除、徴収の猶予をする制度です。
それぞれ応募条件、申請期間等が異なります。

参考

入学料・授業料

本学における入学料及び授業料は以下のとおりです。

  • 入学料:282,000円
  • 授業料:年間:535,800円(※法曹専攻は804,000円)
        半期:267,900円(※法曹専攻は402,000円)

奨学金制度

学業・人物ともに優秀で、かつ健康であって経済的理由により学資の支弁が困難であると認められた学生等を対象に行います。
本学で取り扱いのある奨学金制度は以下のとおりです。

日本学生支援機構の奨学金

優秀な学生であって経済的理由により修学が困難なものに対して学資の貸与を行います。「第一種奨学金(無利息)」、「第二種奨学金(利息付)」、これらとあわせて入学時の一時金として貸与する「入学時特別増額貸与奨学金(利息付)」があります。

【採用基準】

【支給月額】

  • 第一種 修士課程相当:5万、8万8千円(平成30年度以降の入学者)
        博士課程相当:8万円、12万2千円
  • 第二種 5万、8万、10万、13万、15万円(法科大学院の法学を履修する課程の場合、増額可能)
  • 入学時特別増額貸与奨学金
    10万、20万、30万、40万、50万円(入学時の1回のみ)

地方公共団体及び民間奨学団体

地方公共団体や民間団体が行っている給付型・貸与型の奨学金です。大学を通して申請するものと、学生が直接申請するものがあります。募集は4月~5月にかけて集中します。

留学を希望する方への奨学金

本学と学生交流協定を締結している大学への交換留学、海外での調査・研究、又は語学学習を伴う研修等、海外留学を考えている学生を対象に支援を行います。それぞれ応募条件、支援金額、募集時期等が異なります。

茗渓・学都教育助成基金事業

地震や風水害、火災等の災害で被災し、就学に支障をきたすものに実施します。対象は災害によって家計支持者の死亡、又は家屋の倒壊・床上浸水の被害を被った学生又は世帯に属する学生です。

筑波大学学生奨学金「つくばスカラシップ」

学生が勉学に専念できる環境の確保のため、筑波大学が独自で行っている奨学金制度です。(私費外国人留学生に対する経済支援、修学支援、育児支援、緊急時の学資支援等)

雇用制度

学内業務に補助的に従事することにより、報酬等を支給することで学生の処遇の改善を図ることを目的としています。
大学院生を対象とした雇用制度は以下のとおりです。

ティーチング・アシスタント制度(TA)

優秀な大学院学生に対して、講義や実験等の教育補助業務を行わせることによって、学生の教育・研究指導能力の向上を図るとともに、報酬を支給します。

筑波大学学生人材バンク

学生への経済的支援、キャリア支援を兼ねて、学生の自主性及び自立心を育成することを目的とした制度です。将来企業を目指す学生に対して大学の一部業務を委託する「委託業務」、一定期間の雇用契約により業務に従事してもらう「短期雇用」があります。

リサーチ・アシスタント制度(RA)

将来研究者となる意欲と優れた能力を有する者で、大学院に在学するもの及び特別研究学生を対象に、研究や研究補助業務を行わせることによって、研究体制の充実及び研究遂行能力の育成を図るとともに、報酬を支給します。

チュ―ター制度

留学生が、不便なく学習や日常生活ができるように原則日本人の学生がチューターとして日本語指導や学内外の案内等、個別の支援を行います。チューターを担当した学生には謝金を支給します。

ピア・チューター制度

学生が学習上の支援が必要と認められた障害のある学生の支援活動を行います。ピア・チューターを担当した学生には謝金を支給します。(養成講座の受講が必要)

このページのトップへ